SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-21 09:25:30

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “欧州追加緩和、米国利上げでマーケットの展開は?”

“欧州追加緩和、米国利上げでマーケットの展開は?”

2015/12/01
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(11/27現在)

“欧州追加緩和、米国利上げでマーケットの展開は?”

  • 米欧で金融政策の変更が見込まれる12月を迎え、当面の金融市場の動向について展望したい。12/3のECB理事会では、追加の金融緩和が見込まれている。その内容については、EU域内の毎月600億ユーロの国債購入(QE)の期限である2016/9の延長、-0.20%のECB預金金利のマイナス幅の拡大などが予想されている。しかし、QEの増額や地方債など購入対象拡大となれば、市場の反応が大きくなることも考えられる。インフレ率2%弱を目指すドラギ総裁は、サプライズを伴う金融政策を発表する可能性もあろう。ユーロ・ドルは、11/27時点で1ユーロ=1.05ドル台までユーロ安、ドル高が進んでおり、4月、3月の安値水準に向けたユーロ安の基調が続いている。
    一方、米国では12/4の雇用統計など12月月初の重要経済指標の発表が予定されているほか、12/2にはイエレンFRB議長の講演を控えており、12/15-16のFOMCで利上げが正当化されるか最終確認がなされることとなろう。米国株式市場では、投資家がこれらイベントの動向を睨みながら様子見姿勢を強めることが想定され、当面は小動きの相場展開を予想する。
  • 緩やかなドル高基調が続くなか、株式市場はヘルスケアや消費関連などが主導し堅調に推移している。また、中小型株の代表的な指数であるラッセル2000種指数は過去5営業日で3.06%上昇と物色対象の広がりも見られる。低迷が続いたフィラデルフィア半導体指数は同1.21%上昇し、半導体製造装置大手のアプライド・マテリアルズ(AMAT)が同11.03%上昇し、PC向け3Dグラフィックスなどを供給する半導体メーカーのエヌビディア(NVDA)は同10.65%の上昇となっている。これらのほか、利上げを前に金融にも注目したい。
    アドビ・システムズ(ADBE)によれば、クリスマス商戦が始まった米国では11/26の感謝祭のオンライン取引による売上高は約17.3億ドル(約2,100億円)と前年比25%増となった模様で、翌日のブラックフライデーも同2桁増となったようである。関連銘柄として、Eコマースのアマゾン・ドット・コム(AMZN)、オンライン・オークション大手のイーベイ(EBAY)のほか、カード会社のビザ(V)やマスターカード(MA)などの株価動向に注目したい。(庵原)
  • 12/1号ではアップル(AAPL)イーベイ(EBAY)JP モルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM)ナイキ(NKE)ビザ(V)を取り上げた。

企業決算の予定

12月2日(水)アバゴ・テクノロジーズ

主要イベントの予定

12月1日(火)
  • 11月のISM製造業景況指数
  • 11月の自動車販売
  • ブレイナードFRB理事の講演
2日(水)
  • ベージュブック(地区連銀経済報告書)発表
  • 11月のADP雇用統計
  • 7-9月期非農業部門労働生産性、単位労働費用
  • イエレンFRB議長はエコノミック・クラブで講演(ワシントン)
3日(木)
  • 10月の製造業受注指数
  • 11月のISM非製造業景況指数
  • イエレンFRB議長、米上下両院経済合同委で証言
  • ECB理事会
4日(金)
  • 11月の雇用統計、失業率
  • 10月の貿易統計
7日(月)
  • 11月のLMCI(労働市場情勢指数)
  • 10月の消費者信用残高
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピュータの製造で創業。現在はiPhone、iPod 、iPad、パソコンのMac などを主力製品として世界に展開している。2015/4、新たにApple Watch の販売を開始した。
  • 2015/9期4Q(7-9月)は売上高が前年同期比22.3%増の515.0億USD、中国の売上高が同99.0%増と業績を引き上げた。純利益は同31.4%増の111.2億USDと四半期として過去最高を更新した。EPSは1.96USDと市場予想の1.87USDを上回った。「iPhone 6s」シリーズの販売が好調で、主力のiPhoneの販売台数は同22.3%増の4,804.6万台となった。
  • 同社は、年末商戦を含む2016/9期1Q(2015/10-12)の売上高を755億-775億USDと見込み、前年同期を上回る売上高を予想している。同社CEOは経済減速が懸念される中国だが、同社にとっては最大の市場になるとコメント。中国地域での店舗数を現在の25店から2016年には40店とする方針を示しており、同市場による収益押し上げが期待される。(袁)
  • 1995年に設立したネットオークション会社。コイン、収集品、コンピュータ、記念品、切手、玩具やチケットなど品目やサービスの交換市場を運営し、オンライン決済サービスも提供する。
  • 2015/12期3Q(7-9月)はネット決済部門「PayPal」の分離後初めての決算発表。「PayPal」分離の影響を除くベースで、ドル高により海外収益の減少が響き、売上高は前年同期比2.4%減の21.0億USD、純利益は同19.9%減の5.4億USDとなった。ただ、EPSが0.43USDと市場予想の0.41USDを上回った。7-9月期のアクティブバイヤーは4-6月期に比べて200万人増の1億5,900万人となったほか、為替の影響を除く7-9月期の取扱高は前年同期比6%増と堅調。
  • 同社は2015/12期4Q(10-12月)について、売上高が22.8億-23.3億USD、調整後EPSが0.47-0.49USDを見込んでいる。また、2015/12通期の会社計画は調整後のEPSが1.80-1.82USDと従来予想の1.72-1.77USDから上方修正した。株価の動向が注目される。(袁)
  • 1799年に設立した商業・投資銀行を運営する老舗の銀行グループ。投資銀行、トレジャリーサービス、証券、資産管理、商業銀行業務、住宅金融などのサービスを提供している。
  • 2015/12 期3Q(7-9月)は、売上高に当たる営業収益が前年同期比6.4%減の235.4億USDとなったが、純利益は同22.3%増の68.0億USDだった。EPS は1.68USD と市場予想の1.39USD を上回った。純営業収益は、債券トレーディング業務や住宅金融業務の低迷が続いているが、税制上の利益押し上げ要因や経費削減で増益を確保した。
  • 10月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比27.1万人増と市場予想の18.5万人増を大幅に上回っており、FRBが年内に政策金利を引き上げる観測が強まっている。これまで低金利が同社の一部収益を圧迫したが、12月利上げ観測が強まり金利上昇となれば、同社の利ザヤ拡大など収益環境の改善が見込まれることとなる。株価の動向に注目したい。(袁)
  • 1968年創業のスポーツ関連商品を扱う世界最大手。スニーカーやスポーツウエアなどの主力製品を中心に、トレーニング用品、アクセサリーのデザイン、開発、販売を手掛けている。
  • 2016/5期1Q(6-8月)は売上高が前年同期比5.4%増の84.1億USD、純利益が同22.6%増の11.8億USD、EPS は1.34USD といずれも市場予想を上回った。利益率の高い商品の販売増が追い風となったほか、女性用衣料品の品揃え拡充やオンライン事業の強化も奏功。中国市場の強さが続き、同30.5%増収。圧倒的な優勢を持つ北米市場では同8.1%増収となった。
  • 売上高の先行指標となる世界での早期受注(2015/9-2016/1の靴と衣料品の出荷見通し)は、通貨変動の影響を除くベースで前年同期比17%増と世界の需要拡大が示された。同社は1Qの配当を前年同期比14%増の1株あたり0.32USDに増配。また、12月に1:2の株式分割を実施するほか、120億USD分の自社株買いも発表。株価動向に注目したい。(袁)
  • 1958年創業。決済システム、電子支払ネットワークを運営する世界最大手のカード会社。商店、金融、企業などの相互決済やデータ転送など商取引サービスを提供している。
  • 2015/9期4Q(7-9月)は売上高に当たる営業収入は前年同期比10.6%増の35.7億USD、純利益は同40.9%増の15.1億USD。訴訟に関連した引当金の負担が軽減したことが増益の主因で、決済件数も増加した。調整後EPSは0.62USDと市場予想の0.63USDを下回った。
  • 同社は欧州のビジネスを強化するため、元子会社のビザ・ヨーロッパを最大212億EURで買収すると発表し、欧州での事業拡大が期待される。2015/9通期の会社計画で、同社は新たに50億USDの自社株買いの方針を示したほか、4Qの配当を従来計画に比べて17%引き上げた。株主還元強化もあり株価の動向に注目したい。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.