SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 02:04:25

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “12月利上げを織り込んだ市場とその後の展望”

“12月利上げを織り込んだ市場とその後の展望”

2015/11/11
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(11/6現在)

“12月利上げを織り込んだ市場とその後の展望”

  • 前月比27.1万人増。11/6に発表された10月の雇用統計で、非農業部門雇用者数の増加幅は市場予想の同18.5万人増を大幅に上回り、事前予想の最大値同25.0万人増も上回った。8月が同15.3万人増、9月が同13.7万人増と大幅に鈍化したが、10月の大幅増により年初来の平均値は20.6万人と節目の20万人を超える水準を確保した。強い雇用統計を受けて10/6のNYダウは一時前日比下落となったが、景気への楽観的な見方が強まり小幅ながら上昇して取引を終えた。業種別には金融、ハイテク、素材などが買われ、NYダウ構成銘柄ではゴールドマン・サックス(GS)JPモルガン(JPM)のほか、ウォルト・ディズニー(DIS)イー・アイ・デュポン(DD)などが上昇した。
    10月の平均時給は前月比0.4%増、前年同月比では2.5%増と9月の同2.3%増を上回り2009/7以来の高い上昇率となり、失業率は5.0%とFRBがほぼ完全雇用とみる水準に低下した。金利先物動向からみた12月FOMCでの利上げ確率は68%と雇用統計発表前の56%、10月のFOMC前の34%から大幅に高まった。12/4に発表される11月の雇用統計を確認する必要はあるが、現状では12月に利上げが正当化されるデータが揃ったと言えよう。
  • 11/6現在、2015/12期3Q(7-9月)決算では、S&P500種構成企業のうち441社が発表を行い、うち312社が市場予想を上回りサプライズ比率は70.7%と引き続き高水準となった。中国動向など懸念された業績は、市場予想に対して堅調な動向が確認され、市場の注目ポイントはマクロ動向に移りつつある。
    足元、小幅なレンジでの堅調な展開が続くNYダウは、年初来騰落率で僅かではあるが7月以来となるプラスに浮上してきた。金利上昇は、株式市場にとって重石となる見方もあるが、利上げペースが緩やかであることや小売売上高、生産者物価や消費者物価など今後発表される景気指標で改善が確認されれば市場参加者のリスク許容度は高まり、株式市場は堅調な推移が予想される。引き続き好業績が確認された企業に注目し、セクター別には想定される利上げや堅調な米国景気動向を前提に金融、消費関連のほか素材やコングロマリットなど景気敏感セクターの株価動向にも注目したい。(庵原)
  • 11/10号ではウォルト・ディズニー(DIS)フェイスブック(FB)ゼネラル・エレクトリック(GE)JPモルガン(JPM)プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(PG)を取り上げた。

企業決算の予定

11日(水)メーシーズ
12日(木)シスコシステムズ

主要イベントの予定

10日(火)
  • 10月の輸入物価指数
  • EU財務相理事会
11日(水)
  • ドラギECB総裁、BOEイベントで講演(ロンドン)
  • 中国「独身デー」(eコマース大規模セール)
12日(木)
  • 新規失業保険申請件数(11/6)
  • 10月の財政収支
  • イエレンFRB議長の挨拶
13日(金)
  • 10月の生産者物価指数(PPI)
  • 10月の小売売上高
  • 11月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
  • シェイク・シャック日本1号店がオープン(東京 北青山)
16日(月)
  • NY連銀製造業景気指数
  • OECD世界経済見通しの公表
  • G20首脳会議(11/15から、トルコ・アンタルヤ)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1920年代のアニメスタジオから発足した世界最大のエンターテインメント及びメディア会社。メディアネットワークをはじめ、パーク&リゾート、スタジオメディアなどの事業を手掛ける。
  • 2015/9期4Q(7-9月)は売上高が前年同期比9.1%増の135.1億USD、純利益が同7.3%増の16.1億USDとなった 。また、EPS は1.20USD と市場予想の1.14USD を上回った。香港ディズニーランドの来場者数は減少したが米国内のテーマパークの来場者数が増えた。また、上海ディズニー・リゾートの開業前費用が利益を圧迫したものの、主力の映画部門やケーブルテレビの増益が補った。
  • 2015/12月にはSF超大作スター・ウォーズのシリーズ最新作が10年ぶりに公開される、さらに2017/5にはその続編が公開予定となっている。ピクサー・アニメーションからは「トイ・ストーリー」、「Mr. インクレディブル」、「カーズ」、「ファインディング・ニモ」といった人気作品の続編も公開予定となっている。テーマパークへの集客、キャラクターグッズやゲームなどの販売促進といった相乗効果に繋がるとみられ、長期にわたる業績拡大に期待したい。(袁)
  • 2004年にマーク・ザッカーバーグCEO ら当時ハーバード大学の学生がサービスを開始。登録制のSNS で無料のサイト、13歳以上が登録できる。ソーシャルネットワーク・ウェブサイトを運営し、ユーザー間で情報、写真、ウェブサイトリンク、ビデオなどの共有技術も開発する。
  • 2015/12 期3Q(7-9月)は、売上高が前年同期比40.5%増の45.0億USD、売上高の大半を占める広告収入が同45.4%増の43.0億USDと好調であった。純利益は同11.2%増の9.0億USDと何れも四半期として過去最高を更新。世界の月間利用者数は同14.0%増の15.5億人となった。
  • 会社側は2015/12通期の費用を2014年比55-70%増と見込み、データセンターの増強を中心とする設備投資は27億-32億USDを計画。また、写真共有アプリケーションの「インスタグラム」、メッセージアプリの「メッセンジャー」と「ワッツアップ」に向けた機能の開発・拡充を目指している。(袁)
  • 創業は1892年、世界100ヵ国以上に展開する大手コングロマリットで従業員数は約30万人を超える。航空機エンジン、発電所、水処理、医療、金融、産業用製品などを幅広く手掛ける。
  • 2015/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比1.3%減の316.8億USD、純利益が同29.1%減の25.1億USD。ただ、EPSは0.28USDと市場予想の0.25USDを上回った。石油・ガス企業向けの機器・サービス販売事業が低迷し、前年同期比16%の減収となった。一方、ジェットエンジン、タービンが好調で、航空事業の売上高は同5%増、電力・水処理事業の売上高は同1%増だった。
  • 2015/12通期の会社計画では、本業の工業部門のEPSを1.13-1.20USDで据え置き、300億USDの株主還元を見込んでいる。消費者金融部門シンクロニーの分離を含め、金融部門の縮小を計画している。また、照明部門から業務用LED事業を切り離し、ソフトウエア、太陽光、エネルギー貯蔵事業を統合する見通しである。新部門の売上高は2020年までに5倍に拡大する計画。同社は効率的なシステム構築を目指しており、業績改善が期待される。(袁)
  • 1799年に設立した商業・投資銀行を運営する老舗の銀行グループ。投資銀行、トレジャリーサービス、証券、資産管理、商業銀行業務、住宅金融などのサービスを提供している。
  • 2015/12 期3Q(7-9月)は、売上高に当たる営業収益が前年同期比6.4%減の235.4億USDとなったが、純利益は同22.3%増の68.0億USDだった。EPS は1.68USD と市場予想の1.39USD を上回った。純営業収益は、債券トレーディング業務や住宅金融業務の低迷が続いているが、税制上の利益押し上げ要因や経費削減で増益を確保した。
  • 10月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比27.1万人増と市場予想の18.5万人増を大幅に上回っており、FRBが年内に政策金利を引き上げる観測が強まっている。これまで低金利が同社の一部収益を圧迫したが、12月利上げ観測が強まり金利上昇となれば、同社の利ザヤ拡大など収益環境の改善が見込まれることとなる。株価の動向に注目したい。(袁)
  • 1837年に設立された世界最大の一般消費財メーカー。洗剤、掃除用品、紙、美容品、食品、ヘルスケアなど多様な製品の製造・販売を行っており、世界180ヵ国・地域で展開している。
  • 2016/6期1Q(7-9月)は売上高が前年同期比12.0%減の165.3億USD。化粧品、ヘルスケアなど製品の販売が減少したほか、ドル高により海外事業の収益が押し下げられた。ただ、純利益が同30.7%増の26.0億USD、EPS は0.96USDと市場予想の0.92USDを上回った。利益率の高い製品の品揃えを増やしたことにより増益を確保した。
  • 2016/6通期の会社計画は既存事業の売上高成長率を1桁前半に据え置き、EPSは前期の2.44USDに比べて53%-63%増と予想。また、アラン・ラフリー現CEOは退任し、デビッド・テイラー氏が11/1付けで後任となった。海外市場の比率が高い同社はドル高の問題に直面しているが、新体制の経営陣のもと、経費削減などによる業績改善を目指しており動向が注目される。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.