SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-24 22:14:40

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “FOMC通過で相場は安定感を取り戻せるか?”

“FOMC通過で相場は安定感を取り戻せるか?”

2015/9/15
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴、北浦 優子

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(9/11現在)

“FOMC通過で相場は安定感を取り戻せるか?”

  • 8月に大幅な調整となったNYダウは、5/19の高値18,351.36ドルから8/24には一時15,370.33ドルとこの間16.2%もの下落となった。先行きの投資家心理を示すVIX指数は年初来ほぼ20を下回る水準で推移していたが、8/24に一時53.29まで急伸した。9月に入ってからVIXは30台を割り込み9/11で23.20まで低下。NYダウは16,000ドルを下値に上値は16,500ドル程度で比較的堅調な推移を示しており、ボラティリティは小さくなってきている。
    背景としては中国経済の先行き不透明感が強まる中、9月利上げの可能性が小さくなってきていることが挙げられよう。9/13、中国国家統計局が発表した主要経済統計によれば、建設工事や設備投資の傾向を示す1-8月の固定資産投資は前年同期比10.9%増と2000年通年以来の低水準に減速した。9月の利上げがなくなれば株高シナリオが描ける。しかし、一時的に好感しても利上げ時期の先送りは不透明感を残すこととなり、中国経済への不安もあって株価上昇が続くストーリーも描きにくい。
  • FRBが重視する米国経済指標からみれば、9月利上げの条件は整ったとフィリップ証券では考えている。利上げ実施となれば一時的な金融市場の混乱を招くであろうが米国株式市場は十分に調整しており、既に新興国市場では資金流出、通貨や株価が大きく下落している。更なる大幅な調整が長期化するというシナリオの確率は低いと思われる。FOMC後、一時的に金融市場の値動きが荒くなることはあっても、安定を取り戻すのにさほど時間を要しないと予想する。足元のエコノミストの利上げを巡る予想は五分五分との報道もあり、既に市場では利上げへの備えも進んでいる可能性がある。
    様子見姿勢を強めている長期投資家も、一部では金利動向の影響が小さい優良株への投資を行っている模様である。一方で、短期の投機筋はボラティリティが低下する中、大胆な投資戦略には踏み切れない状況にあると思われる。過去5営業日の米国株は主要3指数が揃って上昇。ディフェンシブのユナイテッドヘルス・グループ(UNH)や個別に材料のあるアップル(AAPL)アマゾン・ドット・コム(AMZN)などの株価は上昇が続くと予想する。(庵原)
  • 9/15号では、アップル(AAPL)アマゾン・ドット・コム(AMZN)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)ウェルズ・ファーゴ(WFC)ウォルマート・ストアーズ(WMT)を取り上げた。

企業決算の予定

16日(水)フェデックス、オラクル
17 日(木) アドビ・システムズ
21 日(月)レナー

主要イベントの予定

15日(火)
  • 8月の小売売上高
  • 9月のNY連銀製造業景気指数
  • 8月の鉱工業生産
  • セールスフォース年次イベント「ドリームフォース」(9/18まで、サンフランシスコ)
  • 独9 月のZEW 景況感指数
16日(水)
  • 8月のCPI
  • 9月のNAHB住宅市場指数
  • FOMCの開催(9/17まで)
17日(木)
  • FOMC が終了、経済予測の発表とイエレンFRB 議長の記者会見
  • 4-6月期の経常収支
  • 8月の住宅着工件数、建設許可件数
18日(金)
  • 8月の景気先行指標総合指数
21日(月)
  • 8月の中古住宅販売件数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピュータの製造で創業。現在はiPhone、iPod 、iPad、パソコンのMac などを主力製品として世界に展開している。2015/4、新たにApple Watch の販売を開始した。
  • 2015/9期3Q(4-6月)は売上高が前年同期比32.5%増の496億USD、純利益は同37.8%増の107億USD、EPSは市場予想の1.81USDを上回り、1.85USDとなった。「iPhone 6」とMacの販売が好調だったことやApple Watchの販売開始が寄与し、大幅な増収増益を達成した。
  • 同社は9/9、サンフランシスコで新製品発表会を開催。主力スマートフォンの最新モデル「iPhone 6s」と「iPhone 6sプラス」、「アップルTV」、「iPad」の新モデル等を発表した。販売不振が続いているiPadでは大型iPadの「iPad Pro」や「ペンシル」と呼ばれる専用スタイラス(タッチペン)が投入され、巻き返しを図る。(北浦)
  • 1994年設立のオンライン販売会社。書籍、音楽関連、PC、電子機器、家屋、庭園向け製品、食品、ファッション関連などを販売。2007年よりキンドル(電子書籍端末)を発売している。
  • 2015/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比19.9%増の231.9億USD、営業利益は前年同期の▲0.2億USD の赤字から4.6億USD の黒字に回復した。同社は2Qの営業損益見通しを▲5.0億USDの赤字から50百万USDの黒字の範囲内としていたが、北米、海外共に家電・日用品の売上が伸び、予想外の好業績となった。
  • 同社は9月下旬から日本で「プライム・ビデオ」をスタートする。プライム会員は追加料金なしで映画やドラマが見放題となり、サービスの拡充で新規会員獲得も加速しよう。また、年末商戦に向けて格安タブレット端末を発表するとも言われており、実現すれば電子書籍や映像コンテンツなどの販売促進につながると見られる。(北浦)
  • 1887年設立のヘルスケア関連製品、サービスを取り扱う大手会社。医薬品、医療器具、手術機器などの製造・販売を行い、家庭滅菌、スキン・ヘアケアなど日用品も販売している。
  • 2015/12期2Q(4-6月)は、ドル高の影響で売上高が前年同期比8.8%減の177.9億USD、一般消費者向け商品、製薬や医療器具の3部門は全て減収だった。ただ、コスト削減策が奏功し純利益は同4.4%増の45.2億USD。EPSは1.71USDと市場予想1.67USDをやや上回った。
  • 2015/12通期の会社予想はEPSが6.10-6.20USDと従来予想の6.04-6.19USDから上方修正した。また、傘下の医薬品会社Janssen Pharmaceuticalを通じて2019年までに少なくとも10種類の新薬承認申請を目指し、新薬の年間売上高はいずれも10億USD規模に達すると予想。日用品などの販売が伸び悩んでおり、製薬事業の強化から業績拡大を狙っている。(袁)
  • 1852年に創立されたリテール向け銀行。住宅ローン、中小企業融資、オート・ローン、商業不動産貸付などで全米第一位である。同社は従業員265,000人超、ATM は12,500台以上を有し、全世界36ヵ国で8,700以上の拠点を展開している。
  • 2015/12期2Q(4-6月)は総収入が前年同期比1.0%増の213億USD、純利益が前年同期とほぼ横ばいの57.2億USD。EPSは1.030USDと市場予想の1.025USDをやや上回った。低金利環境が一部の収益を押し下げ嵩んだコストも収益を圧迫。純資金利益は同4.4%増の112.7億USD。また、米最大の住宅ローン事業は手数料収入が前年同期とほぼ横ばいの17.1億USD。
  • 同行が新たに設定したヘッジファンド「アポロ・ナチュラル・リソーシズU・ASPファンド」では投資家からの資金が既に約700万USD流入している。同ファンドは初期の最低投資額が10万USDで、富裕層の個人顧客に向けヘッジファンド事業の業績動向が注目される。(袁)
  • 1969年設立。ディスカウント・ストアから発足、世界各国でスーパーマーケットチェーン店を運営する。衣料、日用品、家電、食品などを販売している。世界最大の小売業である。
  • 2016/1期2Q(5-7月)は売上高が前年同期比ほぼ横ばいの1,202.3億USD、純利益は同15.1%減の34.8億USDとなった。EPS は1.08USD と市場予想の1.12USD を下回った。ドル高が利益を抑制したほか、賃金引き上げによる人件費の拡大や国内の薬局事業が軟調となったことも響いた。一方、2Qの既存店売上高は同1.5%増と4四半期連続で増加となった。
  • 2016/1期3Q(8-10月)の会社計画はEPSが0.93-1.05USDである。また、2016/1通期の会社予想はEPSが4.40-4.70USDと従来予想の4.70-5.05USDから引き下げた。一方、一部店舗で従業員の労働時間短縮を計画しており、コスト削減による収益性の改善が期待される。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.