SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-19 23:45:57

マーケット > レポート > 今週の注目ETF >  過去3ヵ月で一番あがった海外ETFとは?

過去3ヵ月で一番あがった海外ETFとは?

2017/09/29
投資調査部 榮 聡

今回は過去3ヵ月の騰落率ランキング(おまけで年初来の騰落率ランキングも)を確認してみました。その結果、上昇率トップはレアアース関連の企業に投資するETFと判明しました。これを含む、騰落率上位のETFをご紹介いたします。

図表1:騰落率ランキングから注目できるETF(上場投資信託)

取引 チャート コード 銘柄
買付 チャート REMX ヴァンエック ベクトル レアアース ETF(REMX)
買付 チャート EWZ iシェアーズ MSCI ブラジル・キャプ ETF(EWZ)
買付 チャート RSX ヴァンエック ベクトル ロシアETF(RSX)
買付 チャート 03040 Mirae Assetホライズン MSCI 中国 ETF
買付 チャート EIDO iシェアーズ MSCI インドネシア ETF

※SBI証券が作成

当社取扱の海外ETFについて、過去3ヵ月の騰落率ランキングを図表2に、年初来の騰落率ランキングを図表3に示しています。

過去3ヵ月では、レアアース関連株のETFが騰落率トップで、ブラジル株、ロシア株、中国株など新興国株のETFが上位を占め、下位には医薬品、生活必需品、インドネシア株などのETFがリストアップされました。

年初来では、ブラジル、中国、ポーランド、韓国など新興国株のほか、レアアース関連株やテクノロジー株のETFが騰落率上位にランクインし、下位にはエネルギー関連株や通信株などのETFがリストアップされました。

騰落率上位から、レアアース関連株、ブラジル株、ロシア株、中国株を、騰落率下位からインドネシア株を選んで、投資ストーリーをご紹介いたします。

ヴァンエック ベクトル レアアース ETF(REMX)
同ETFは過去3ヵ月で44%の上昇、年初来で46%の上昇と、7月以降の直近3ヵ月で集中的に上昇しています。

中国経済の堅調と環境規制の強化を受けて銅、アルミニウム、ニッケルなど幅広い非鉄金属市況が上昇したこと、さらに、イギリス、フランスが先行きガソリン自動車を禁止する方針を打ち出して電気自動車(EV)シフトへの期待が高まったことが株価上昇の背景と見られます。

EVの普及が進むと駆動装置となるモーターの需要拡大が想定され、これに多く使われるレアアースへの需要増が見込まれます。EVシフトは息の長い投資テーマになると考えられ、また、なかなか投資しにくい分野でもあるため、注目のETFと言えるでしょう。

同ETFは、「マーケット・ベクトル・レア・アース / ストラテジック・メタルズ指数」への連動を目指し、主に希土類および戦略的金属や鉱物の生産、精錬とリサイクルに関連する多様な活動に従事する上場企業の株式から構成されます。

組入れ上位銘柄(9/27時点)は、中国本土株のアモイ・タングステン、チャイナ・ノーザン・レアアース、香港上場の洛陽モリブデン(03993)、オーストラリアのライナスコーポレーション、米国のトロノックスなどになります。

◯ブラジル株のETF
過去3ヵ月でブラジル株式が上昇した背景には、経済指標の改善、インフレの落ち着きによる政策金利引き下げ余地の拡大、資源価格の上昇、テメル大統領が主唱する年金改革による財政収支改善への期待などがあげられます。

5月にはテメル大統領が汚職事件に関与している疑いが出て、株式・通貨とも一時急落しましたが、大統領の裁判出廷が回避できると決まり、また、ライバルで年金改革に反対するルラ元大統領にも収賄事件で有罪判決が出たことから、テメル大統領による経済改革持続への期待が高まりました。

ただ、ボベスパ指数は6/21安値から9/18高値にかけて26%も上昇したため、足もとでは利食いが優勢となって反落途上です。今後は年金改革などの進展を確認してから、再度上値をうかがうと考えられます。7/21掲載の「政治スキャンダルで下落したブラジルは投資のチャンス!?」もご参照ください。

◯ロシア株のETF
過去3ヵ月でロシアRTS指数(ドル建指数)が12%上昇、通貨ルーブルが対ドルで2%上昇と好調でした。年初から軟調に推移していた原油価格が6月に底入れして、WTI価格で50ドル台まで回復してきたことが主因と考えられます。

ロシアは輸出額の7割以上を原油が占めるため、その価格動向はロシア経済に多大な影響を及ぼします。また、月次の経済指標でも、このところ回復傾向が目立っていました。

親ロシアを表明していたトランプ大統領の誕生で、一時政治的な孤立を脱却する期待が膨らみましたが、その後数々の問題によって、その方面の期待は萎んでいます。足もとのパフォーマンス改善は、純粋に経済的な理由によるものと考えられます。

◯中国株のETF
中国経済の堅調を背景に、過去3ヵ月で香港ハンセン指数が7%上昇、上海総合指数が5%上昇した上、人民元が対ドルで上昇したことから、騰落率の上位にランクインすることとなりました。

6/20(火)に株価指数を提供するMSCIが、中国本土株の「MSCIエマージング指数」への組入れを決定したことも追い風になったと見られます。中国本土株の需給に、中長期に好影響をもたらすと期待されます。この点について詳しくは、8/4掲載の「MSCI指数への組入れ決定で注目が高まる中国本土株」をご参照ください。

ランクインした6つの中国関連ETFのうち、「03040」と「02801」は、株価が大幅に上昇したアリババグループ(BABA)テンセント(00700)の組入れ比率が高いことが、好パフォーマンスに繋がっています。

◯インドネシア株のETF
インドネシアのジャカルタ総合指数は、年初から6月までに10%上昇と堅調でしたが、7月以降はレンジ相場に移行し、通貨のインドネシアルピアも対ドルで下落したことから、3ヵ月騰落率の下位にランクインすることとなりました。

インドネシアのGDP成長率はやや下方修正気味ながら、前年比5%以上の水準が維持されています。企業業績はジャカルタ総合指数採用企業ベースで、EPSは17年12月期は46%増、18年12月期は13%増が予想されており、18年12月期基準の予想PERは15.4倍です。

同国経済は、内需主導で成長して世界経済の動向への感応度が低いという特徴があり、ここ3ヵ月のパフォーマンスが劣後したのは、それも影響している可能性がありそうです。このため、出遅れ感があると言えそうです。

8/25(金)掲載の「高値面合わせのインドネシア株式、一段高へ!?」もご参照ください。

図表2:過去3ヵ月騰落率の上位15、下位5(ブル・ベア型を除いています)

市場

コード

銘柄

3ヵ月
騰落率
(%)

年初来
騰落率
(%)

上位15

NYSE Arca

REMX

ヴァンエック ベクトル レアアースETF

44.0

46.5

香港市場

03048

db x トラッカーズ MSCI ブラジル インデックス ...

26.8

28.1

NYSE Arca

BRF

ヴァンエック ベクトル ブラジル小型株ETF

24.6

51.6

NYSE Arca

EWZ

iシェアーズ MSCI ブラジル・キャップト ETF

20.5

22.7

香港市場

03027

db x トラッカーズMSCI ロシア キャップド インデ...

17.9

-0.6

NYSE Arca

ERUS

iシェアーズ MSCI ロシア・キャップト ETF

15.5

-0.7

NYSE Arca

RSX

ヴァンエック ベクトル ロシアETF

14.9

3.9

NYSE Arca

ILF

iシェアーズ ラテンアメリカ 40 ETF

14.7

25.7

香港市場

02801

iシェアーズ MSCI チャイナ インデックス ETF

13.5

43.4

香港市場

03040

Mirae Assetホライズン MSCI 中国 ETF

13.2

43.0

香港市場

03110

Mirae Assetホライズン 高配当利回り ETF

11.4

34.9

香港市場

02827

W.I.S.E.-CSI300 チャイナ トラッカー

11.3

24.7

香港市場

03049

db x トラッカーズ CSI300 中国A株UCITS...

10.9

22.8

香港市場

03092

db x トラッカーズ MSCI タイ・インデックスUCI...

10.8

24.0

香港市場

03007

db x トラッカーズ FTSE 中国25 UCITS E...

10.7

27.4

下位5

NYSE Arca

VDC

バンガード 米国生活必需品セクターETF

-2.6

3.4

NASDAQ

PPH

ヴァンエック ベクトル医薬品ETF

-3.5

9.7

NYSE Arca

IDX

ヴァンエック ベクトル インドネシア インデックス ETF

-4.2

10.2

NYSE Arca

EIDO

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF

-4.7

9.0

香港市場

03057

db x トラッカーズ CSI300 中国A株医薬品UCI...

-5.7

12.9

注:当社が取り扱う295の海外上場ETFからブル・ベア型を除いたものが母集団です。騰落率はNYSE Arca市場上場銘柄が米ドル、香港市場上場銘柄がHKドルですが、両通貨はペッグされているため比較可能です。17年9月27日までのデータによります。
※当社WEBサイト、BloombergのデータをもとにSBI証券が作成

図表3:年初来騰落率の上位15、下位5(ブル・ベア型を除いています)

市場

コード

銘柄

年初来
騰落率
(%)

3ヵ月
騰落率
(%)

上位15

NYSE Arca

BRF

ヴァンエック ベクトル ブラジル小型株ETF

51.6

24.6

NYSE Arca

REMX

ヴァンエック ベクトル レアアース/戦略的金属ETF

46.5

44.0

香港市場

02801

iシェアーズ MSCI チャイナ インデックス ETF

43.4

13.5

NYSE Arca

EPOL

iシェアーズ MSCI ポーランド・キャップト ETF

43.3

6.0

香港市場

03040

Mirae Assetホライズン MSCI 中国 ETF

43.0

13.2

香港市場

03110

Mirae Assetホライズン 高配当利回り ETF

34.9

11.4

NYSE Arca

SCIF

ヴァンエック ベクトル インド小型株ETF

34.0

-1.9

香港市場

02802

iシェアーズ MSCI エマージング アジア インデックス...

33.2

6.7

香港市場

02848

db x トラッカーズ MSCI 韓国インデックスUCIT...

32.1

3.2

NYSE Arca

GMF

SPDR S&P アジア パシフィック新興国株式ETF

30.8

6.6

香港市場

02823

iシェアーズ FTSE 中国A50 インデックス ETF

29.6

10.2

香港市場

02835

Mirae Assetホライズン KOSPI 200 ETF

29.4

0.8

香港市場

02800

トラッカー ファンド オブ ホンコン

29.4

9.2

香港市場

02846

iシェアーズ・コア CSI 300 インデックスETF

28.9

7.9

NYSE Arca

IXN

iシェアーズ グローバル・テクノロジー ETF

28.5

5.9

下位5

NYSE Arca

VOX

バンガード 米国電気通信サービス・セクターETF

-7.4

0.1

NYSE Arca

XLE

エネルギー セレクト セクター SPDR ファンド

-9.1

6.1

NYSE Arca

VDE

バンガード 米国エネルギー・セクターETF

-10.8

6.1

NYSE Arca

ZMLP

Direxion ザックス MLP 高配当ETF

-12.3

-2.4

NYSE Arca

OIH

ヴァンエック ベクトル石油サービスETF

-22.1

6.0

注:当社が取り扱う295の海外上場ETFからブル・ベア型を除いたものが母集団です。騰落率はNYSE Arca市場上場銘柄が米ドル、香港市場上場銘柄がHKドルですが、両通貨はペッグされているため比較可能です。17年9月27日までのデータによります。
※当社WEBサイト、BloombergのデータをもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

外国株式口座開設外国株式お取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 400万口座キャンペーン
  • S株NOW!
  • 米ドル建社債
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.