SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-08-17 06:53:20

マーケット > レポート > 今週の注目ETF >  MSCI指数への組入れ決定で注目が高まる中国本土株

MSCI指数への組入れ決定で注目が高まる中国本土株

2017/08/04
投資調査部 榮 聡

MSCI(※)が同社の新興国株指数に中国本土株の組入れを決めてから、上海総合指数の堅調が目立っています。重要なテクニカルポイントまで到達しており、改善しつつあるファンダメンタルズを考慮するとこれを超えてくる可能性があるため、注目できるでしょう。

(※)株価指数の算出などの事業を行う米国の金融サービス会社です。

図表1:中国本土株に投資するETF(上場投資信託)

取引 チャート コード 銘柄
買付 チャート FXI iシェアーズ 中国大型株 ETF(FXI)
買付 チャート 02823 iシェアーズ FTSE A50(02823)
買付 チャート 02801 iシェアーズ MSCIチャイナ(02801)
買付 チャート 02827 WISE CSI300China(02827)
買付 チャート CHAU DirexionデイリーCSI300中国A株ブル2倍ETF(CHAU)

※SBI証券が作成

6/20(火)にMSCIが中国本土株のMSCI指数への組入れを決めてから、上海総合指数の堅調が目立っています。8/2(水)には一時3,300ポイント台に乗せてザラ場ベースの年初来高値を更新、6/20(火)終値からの上昇率は4.2%に達してします。

今回MSCIが組入れを決めたのは、市場の大きさだけを見れば、ずっと前に組入れの資格があった中国本土株について、「上海・香港株相互取引」などの施策による外国人投資家の市場アクセス改善を評価したものです。

具体的には、中国A株(※)の大型株222銘柄を「MSCI新興国指数」に18年6月から組入れることを決めました。当初の組入れ率(Inclusion Factor)は5%で、試算による指数のウェートは0.73%となる見込みです。

(※)中国A株は、上海・深セン証券取引所に上場する中国株で、外国人の取引に制限がある株種を指します。一方、中国B株は外国人投資家が自由に取引できる株種です。

世界中の機関投資家、投資信託、ETFなど2兆ドル(約220兆円)の資金が同指数をベンチマークにしているとされます。組入れ当初の市場インパクトは220兆円×0.73%で1.6兆円程度と計算でき、18年の5月と8月の2回に分けて実行の予定です。

中国株式市場の時価総額は7.1兆ドル(約780兆円)ですので、買い付けのインパクトはさほど大きいとは言えないかもしれません。ただ、中国本土市場への投資家アクセスがさらに改善する場合には、MSCIが決める「組入れ比率(Inclusion Factor)」は今後引き上げられていくと考えられます。

また、MSCIの動きは中国本土株がグローバルな株式投資に本格的に組み込まれていく象徴と言え、株式需給に対する中長期のインパクトは表面的な数字以上に大きいと考えられます。

上海総合指数の週足、3年のチャートを見ると、8/2(水)に付けた3,300ポイントは、16年11月と17年4月にピークを付けた水準で、テクニカル上の重要ポイントと見られます(図表2)。これをクリアすると需給が軽くなり、上値への期待も大きくなりそうです。

そこで、中国本土株のファンダメンタルズを確認してみましょう。

中国経済については、7/16(日)に発表された4-6月期のGDPが前年比6.9%増と堅調でした。また、主要月次指標でも、6月の小売売上高が前年比11%増、6月の鉱工業生産が同7.6%増と、両指標とも年初来で最も高い伸びを記録したほか、輸出額・輸入額の前年比も年初から拡大傾向にあります。中国経済は足もとで改善基調にあると言ってよいでしょう。

企業業績については、上海総合指数採用企業のEPSは15年、16年と減益が続きましたが、17年は増益への転換が見込まれています(図表3)。主要企業(「CSI300指数」採用企業)の17年1-3月期業績は、売上が前年同期比22%増、EPSが同15%増でした。17年の増益転換の予想も信頼性が高いと考えられます。

一方、株価のバリュエーションは比較的低水準です。予想PERは14.5倍で、TOPIX指数の14.4倍に近い水準です。米国市場の予想PERが19倍の高水準に達する中で、グローバル投資家は米国市場から日欧市場や主要新興国に資金を分散しつつあると見られますが、その受け皿の一つとして十分な内容と言えるのではないでしょうか。

3,300ポイントの節目を超えて上昇していく可能性に注目できるでしょう。

尚、図表1には、当社が取り扱う中国本土株に投資するETFで、出来高が多いものを中心にリストアップしています。

iシェアーズ 中国大型株 ETF(FXI)とiシェアーズ FTSE A50(02823)は、中国の大型株50銘柄に投資します。iシェアーズ MSCIチャイナ(02801)はアリババやバイドゥなど米国上場銘柄も含めて、幅広い中国企業に投資します。

WISE CSI300China(02827)は、上海市場と深セン市場の主力企業の指数である「CSI300」採用企業に投資します。DirexionデイリーCSI300中国A株ブル2倍ETF(CHAU)は、「CSI300」指数の値動きの2倍のパフォーマンスを目指すものです。

図表2:重要なテクニカルポイントに到達した上海総合指数

※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

図表3:中国主要企業の業績推移

注:上海総合指数採用企業のEPSの推移です。17年、18年はBloomberg集計のコンセンサス予想によります。
※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

外国株式口座開設外国株式お取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • マザーズの波に乗ろう!今ならデビューキャンペーン実施中!

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.