SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-05-25 17:42:43

マーケット > レポート > 今週の注目ETF >  新規取扱ETFのご紹介

今週の注目ETF 新規取扱ETFのご紹介

2017/05/19
投資調査部 榮 聡

今回は当社で新たに取扱を始めた、シンガポール市場に上場する2本のETFを、既存取扱のシンガポール上場銘柄とともにご紹介いたします。

図表1 シンガポール市場に上場する当社取扱のETF(上場投資信託)

取引 コード 銘柄
買付 NISE 日興アセット・マネジメント・シンガポールSTI ETF NEW!
買付 ABFB ABFシンガポール債券インデックス・ファンド NEW!
買付 DCSX db x トラッカーズ2シンガポール国債ETF
買付 INDI-D iシェアーズ MSCIインディア ETF

※SBI証券が作成

1【新規取扱】日興アセット・マネジメント・シンガポールSTI ETF(NISE)

  • シンガポールの株式にシンガポールドル建てで投資するETFで、「シンガポールST指数」への連動を目指します。シンガポール株式に絞って投資するETFとしては、初の取扱になります。
  • 組入れ上位銘柄(17年3月31日時点)は、1.DBS グループ、2.オーバーシー チャイニーズ銀行、 3.シンガポールテレコム、4.ユナイテッド オーバーシーズ銀行、 5.ジャーディンマセソンなどです。

2【新規取扱】ABFシンガポール債券インデックス・ファンド(ABFB)

  • シンガポール政府および関係機関がシンガポールドル建てで発行した債券に投資するETFで、「iBoxx ABF シンガポール債券インデッス」への連動を目指します。

3db x トラッカーズ2シンガポール国債ETF DR(DCSX)

  • シンガポール政府がシンガポールドル建てで発行した国債に米ドル建てで投資するETFです。「iBoxx ABF シンガポール国債 トータルリターン・インデックス」への連動を目指します。シンガポール国債の格付けは「AAA−」です。

上記1.〜3.のETFは、シンガポールの資産に投資するETFとなります。

  • シンガポールは人口600万人弱の都市国家ですが、優秀なトップによるリーダーシップと極めて真面目な国民性により、非常に安定した政治・経済体制が構築されています。
  • 東南アジア地域の「首都機能」を担うとの戦略に沿って、同地域へ進出するグローバル企業に地域本社の設置を促し、バイオテクノロジーや電子機器など付加価値が高い産業を誘致、さらに、カジノを併設した統合型リゾートを開発して観光地としての魅力も高め、16年の1人当たりGDPは5.3万ドルと日本の3.5万ドルを大きく上回る超一流の先進国に躍進してきました。
  • シンガポールの後背地となる東南アジアには、所得水準の向上を背景として成長力に富む国が多く、その恩恵が期待される同国にはまだ発展の余地を残していると考えられます。信頼性の高いシンガポールの資産を保有するのは、一つの選択肢として考慮しても良いでしょう。

4iシェアーズ MSCIインディア ETF(INDI-D)

  • インドの株式に米ドル建てで投資するETFで、「MSCI インディア・インデックス」への連動を目指します。
  • 組入れ上位銘柄(17年5月17日時点)は、1.ハウジング・デベロップメント・ファイナンス、2. インフォシス、3. リライアンス・インダストリーズ、4. タタ・コンサルタンシー・サービシズ、5. ITCなどです。
  • インド株式に投資するETFは、ニューヨーク市場、香港市場の上場でいくつか取扱いがありますが、「オーソドックスな株価指数を連動対象に」「ドル建てで」投資することが特徴です。
  • 4/7(金)掲載の「今週の注目ETF 雨降って地固まったインド、相場はまだ序の口!?」で取り上げたように、インドの株式市場は、新興国の中でも、特に有望と考えられます。

図表2 日興アセット・マネジメント・シンガポールSTI ETF(週足、2年)

※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

図表3 ABFシンガポール債券インデックス・ ファンド(週足、2年)

※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • プレミアムフライデー応援企画!
  • ハイリターンを狙う!レバレッジ型ETF
  • 成績表
  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.