SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-26 17:07:51

マーケット > レポート > 中国経済レポート >  中国:利下げで景気減速に歯止め、穏健的な金融政策は継続

中国:利下げで景気減速に歯止め、穏健的な金融政策は継続

2014/11/28 モーニングスター株式会社

中国人民銀行(中央銀行)は21日夜、人民元建て預金と貸出の基準金利を11月22日付で引き下げると発表した。1年物の預金基準金利は0.25ポイント、貸出基準金利は0.4ポイント引き下げられ、それぞれ2.75%、5.6%となる。利下げは2012年7月以来約2年4カ月ぶり。

また、金利の市場化改革を推進するとして、金融機関の預金金利の上限を引き上げ、これまでの基準金利の1.1倍から1.2倍に変更した。

※人民銀:利下げを発表、2年4カ月ぶり(11/24付サーチナ記事より引用) (写真:周小川人民銀行総裁 写真提供:CNSPHOTO)

中国人民銀行の利下げは2012年7月以来約2年4カ月ぶり。当局は経済構造改革を優先させていたため、意図的に流動性の引き締めを図ってきた。景気減速や長期的な不動産市況の調整を踏まえ今回の利下げに踏み切った。利下げにより、@不動産ローン金利の低下促進を通じての不動産市場の下支え効果A借入金利の低下を通じての設備投資の活性化効果B利払いの低下を通じての資金を借り入れている企業の業績にプラスの効果――が期待できるなど様々な利点がある。

今回の利下げは、効果を見極めるために、しばらく時間がかかる。全体的な流動性の供給のためには、預金準備率引き下げが効果的であるが、景気減速が続けば、そうした措置が取られる可能性もある。

利下げに踏み切ったものの、当局は穏健的な金融政策を継続させる方針を強調している。人民銀の責任者は今回の利下げについて、中立的な操作であり、金融政策の方向性の変化を意味するものではないと説明した。言葉の解釈は様々であるが、これ以上潜在的な不良債権を拡大させずに、最優先課題としている構造改革を速やかに進めていかなければならない状況を考えると、今回の利下げはあくまで景気下支えの意味合いで行われたと考えてよいだろう。

今回の利下げにより、景気減速懸念は和らぐため、相場にとってポジティブな材料となるだろう。下値が切りあがっていく可能性がある。景気改善とともに株価は上昇していく可能性もある。ただ、景気減速に歯止めがかかったタイミングでは、景気に配慮した政策が早々に打ち切られる可能性が高く、以前のように利下げが引き金となり、相場の大きな上昇トレンドに繋がることは期待しにくい。

物色の対象になるのは、銀行や不動産などになると考えられる。今回利下げとともに預金金利の上限が引き上げられ、市場競争化が促進されたことは、銀行にとっては利ザヤの縮小要因になる。ただ、マクロ環境の悪化がバランスシートに及ぼす影響が緩和されることや、金利低下による貸し出し需要の拡大など、銀行にとってはポジティブな要因もあるため、利下げ発表後の株価は堅調に推移している。また、不動産市況の調整により、資金繰りが悪化している多くの不動産開発企業にとって、貸出レートの低下は都合がよい。住宅ローン金利の低下も、不動産相場にとってはポジティブな要因となる。不動産企業や不動産市況の安定化は銀行にとってもプラスとなる。今回は、香港市場上場の本土銀行銘柄のうち時価総額上位銘柄を取り上げた。

銘柄名  中国建設銀行(00939/メインボード)

インフラ分野に強みを持つ大手国有商業銀行
11月26日終値:5.73香港ドル

 ・ 政府のインフラ建設資金の管理を目的に、1954年に設立された中国人民建設銀行が前身。法人および個人向け銀行業務を幅広く手がけるが、低所得者向け保障性住宅など国家プロジェクトのインフラ建設向け融資に強みを持つ。個人住宅ローン事業では14年上半期もトップシェアを維持。実体経済の支援に向け、中小零細企業や「三農」向け融資も強化。14年6月末の拠点数は国内14,729カ所、海外22カ所。

 ・ 14年1-9月決算は7.83%増益。資金運用収支は前年同期比12.82%増、NIMは0.09ポイント上昇の2.8%。不良債権比率は1.13%と、13年12月末より0.14ポイント上昇。13年1月1日から適用された中国本土の新たな銀行自己資本比率規制に基づく自己資本比率は14.53%だった。

銘柄名  中国工商銀行(01398/メインボード)

中国最大規模の国有商業銀行
11月26日終値:5.09香港ドル

 ・ 中国人民銀行(中央銀行)の商業銀行業務を引き継ぎ、1984年に設立。先進製造業、現代サービス業、戦略的新興産業を中心とした国家プロジェクトなど企業向け融資に強みを持つ。零細企業向けの金融サービスも手がけ、個人向け融資も拡大する方針。14年1月に南アフリカ共和国のスタンダード・バンク・グループ英国部門の株式60%取得で合意、4月にはトルコのテクスティル銀行の株式75.5%取得で契約するなど、海外進出にも積極的。

 ・ 14年1-9月決算は7.26%増益。資金運用収支は前年同期比10.77%増、役務取引等収支は5.64%増。不良債権比率は1.06%。13年1月1日から適用された中国本土の新たな銀行自己資本比率規制に基づく自己資本比率は14.20%だった。

銘柄名  中国銀行(03988/メインボード)

人民元国際化に強みを持つ国有商業銀行
11月26日終値:3.80香港ドル

 ・ 中央銀行として1912年に設立、国際兌換銀行、国際貿易専業銀行としての役割も果たし、49年からは国家外匯外貿専業銀行として外国為替、国際貿易決済業務などを実施。94年に国有独資商業銀行となり、中国本土、香港、マカオ、台湾のほか37の国で金融サービスを展開。法人・個人向け金融、資産運用のほか、投資銀行業務や、保険、ファンド管理、航空機リースなども手がけ、人民元国際化業務では主導的地位を維持する。

 ・ 14年1-9月決算は9.09%増益。資金運用収支は前年同期比14.68%増、NIMは0.04ポイント上昇の2.26%、不良債権比率は1.07%、13年1月1日から適用された新たな銀行自己資本比率規制に基づく自己資本比率は13.07%だった。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項

  • 本レポートに記載されております株価並びに関連の情報は、現地の情報提供元から得た情報を元に、モーニングスター株式会社が提供しています。本レポートで提供されている情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、本レポートに記載されている情報を利用して損害が生じた場合、当社、その関連会社及び情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.