SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 01:18:19

マーケット > レポート > 中国経済レポート > 中国のモバイルゲーム市場が、現在急拡大中!

中国のモバイルゲーム市場が、現在急拡大中!

2013/11/15   SBI証券

中国のモバイルゲーム市場が急拡大しており、株式市場をにぎわせている。

現地企業が主導権を握りたがるケースが多く、外国企業は参入に苦労しているようだ。

ただし、米国市場に上場している企業もあり、意外と銘柄の裾野は広い。

中国のモバイルゲーム市場が、今、熱いらしい。

もともと中国は、PCオンラインゲーム市場が非常に大きいことで知られていたが、スマートフォン/タブレットの普及、通信インフラの整備、インターネット大手の騰訊(テンセント/00700)の本格参入などに伴いモバイル端末におけるゲーム市場が一挙に立ち上がってきたようだ (2013年末には、中国におけるスマートフォン/タブレットの普及台数は4億台に達するとも言われている)。おそらく2013年は、中国におけるモバイルゲーム市場の転換点として記憶されることになるのだろう。

これに伴い、関連銘柄のIPOも活発だ。

当社でも、10月より雲遊(フォーゲーム/00484)IGG(アイジージー/08002)を取扱しており早くも取引人気ランキングの常連となっているが、昨日14日(木)、新たに博雅互動国際(ボーヤー インタラクティブ/00434)の取扱を開始した。今後高成長が期待される業界のリーディングカンパニーとなりそうである。

ところで、その市場規模や成長率の高さの割には、中国のオンライン/モバイルゲーム市場の存在は意外と大きな話題になっていないようにも感じられる。それはおそらく、日本国内では恩恵を受ける銘柄が殆ど見当たらないことが原因なのだろう。国内ソーシャルゲーム大手のグリー(3632)騰訊(テンセント/00700)の提携がわずか2年弱で解消となったことからもわかるように、プラットフォームを提供する現地企業側は一般的に主導権を早い段階から握ろうとする傾向が強く、海外のゲームメーカー側にとっては、良好な関係を築くのは容易ではない相手のようだ。

中国のモバイルゲーム市場

(iResearch社データを基に当社作成)

とはいえ、オンライン/モバイルゲーム市場が成長分野であることは明らかだ。

右図は、iResearch社による中国モバイルゲーム市場の市場予測である。2012年から2017年の5年間で、市場規模は5倍弱になると予想されており、それとともに参入する企業の数も増加する一方のようだ。

iResearch社は、モバイルゲーム市場に参加している企業数は905社と発表していて、これは前年と比べ+22.5%の増加だという。

その一方で興味深いのは2013年前半にリリースされたゲームの数で、前年比だと▲1%の減少とのことだ。これは、ゲームがより本格的となることで開発サイクルが徐々に伸びつつあることを示しているのだろう。

以上のように、中国のオンライン/モバイルゲーム市場は急速な変貌を遂げつつあるようだ。おりしも、14日(木)の日経新聞朝刊では、「騰訊(テンセント/00700)、純利益は前年比+20%の増加」、「台湾エイスース、ノート型パソコン不振で最終利益が前年比▲26%の減少」という対照的な2つの記事が並んでいた。これは、今まさに、テクノロジー業界におけるいわゆる『稼げる分野』が、ハードウェアメーカー側からネットワーク/プラットフォーム側に移りつつあることを示しているのだろう。

では、今後はどのような展開を予想すれば良いだろうか。

上にあげた市場予測に基づくなら、あと1-2年は市場の拡大とそれに伴う企業業績の順調な成長を期待して良さそうだ。モバイル端末の普及や進化がプレーヤー増加を後押しし、それに伴いゲーム自体の進化も続くため、株式市場においても次から次へと注目企業が登場する可能性が高いだろう。また、ゲーム会社は設備投資負担が軽くキャッシュフローを確保しやすいため、先日ソフトバンク(9984)ガンホー(3765)がフィンランドのSupercell社(Clash of Clansなどのゲームで有名)を買収したような形のM&Aも活発に行われるに違いない。

ただし、早ければ2015年頃には、モバイル端末の機能進化が止まりゲーム市場の成長率も鈍化してくるため、勝ち組と負け組に分かれ始める可能性がある。従って当然の結論ではあるが、モバイルゲーム会社であればどこでも良いというわけではなく企業ごとのコンテンツやビジネスモデルの競争力を見極めていく必要が出てくるだろう。

最後に関連銘柄のリストであるが、中国のネット関連企業はADRとして米国市場に上場しているケースも多く、意外と裾野が広い。アナリストの売上高予想も掲載しているので、併せて参考にして頂きたい。

ティッカー

企業名

通貨

株価

売上高

株価リターン

予想PER

前々期

前期

今期
予想

来期
予想

6ヶ月%

1年%

今期

来期

00484

HKD

54.7

384

776

なし

なし

なし

なし

なし

なし

08002

HKD

3.13

31

43

なし

なし

なし

なし

なし

なし

00434

HKD

5.72

318

518

なし

なし

なし

なし

なし

なし

00777

HKD

16.88

761

1,108

1,607

1,576

68.6

171.8

11.1

13.6

ZNGA

USD

3.51

1,140

1,281

865

701

1.2

66.4

なし

なし

PWRD

USD

18.1

2,983

2,771

2,983

3,503

44.6

67.0

11.1

8.9

ATVI

USD

17.11

4,755

4,856

4,305

4,621

16.6

59.6

18.8

13.5

EA

USD

26.44

4,143

3,797

4,010

4,216

21.6

103.7

20.5

17.4

GA

USD

8.72

285

345

387

442

8.7

67.7

8.9

8.5

GAME

USD

4.26

5,282

4,682

4,426

4,743

42.5

24.2

5.4

4.9

BIDU

USD

150.43

14,501

22,306

31,489

43,092

61.5

52.6

29.4

23.0

00700

HKD

398.6

28,496

43,894

60,147

79,569

48.3

47.5

35.1

27.6

SINA

USD

75.91

483

529

642

807

29.3

40.8

83.6

39.4

SOHU

USD

63.42

852

1,067

1,401

1,743

0.3

63.0

44.6

34.0

NTES

USD

67.1

1,158

1,316

1,565

1,791

15.4

31.2

11.7

10.5

RENN

USD

3.44

118

176

193

243

15.1

1.8

なし

なし

035420

KRW

598,000

1,435,148

1,511,391

2,378,654

2,989,626

30.7

52.0

42.4

29.2

(Bloombergデータを基に当社作成)

  • ※上記実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 本レポートに記載されております株価並びに関連の情報は、現地の情報提供元から得た情報を元に、SBIサーチナ株式会社が提供しています。本レポートで提供されている情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、本レポートに記載されている情報を利用して損害が生じた場合、当社、その関連会社及び情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.