SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-11-18 06:07:04

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた > 果たして合意はなるのか?英国のEU離脱とポンド相場

果たして合意はなるのか?英国のEU離脱とポンド相場

2018/11/8

対円ポンド相場がにわかに動意づいています。10月後半に1ポンド=142円台の安値をつけたあと、ポンドは上昇に転じ、本稿執筆の11月6日午前11:30現在は148円に迫ろうかという水準を推移しています。

背景にあるのは、期限まで5ヶ月を切った英国の欧州連合(EU)からの離脱、いわゆるブレグジットに向けた条件の合意がいまだ不透明であることが挙げられます。英国の首都・ロンドンはニューヨークと並ぶ世界金融の中心地で国内の金融機関も多く同地に店舗を構えていますし、製造業でも同国に進出している企業は多数あります。日本から遠く離れた地域の外交問題ではありますが、その行方が日本、ひいては世界経済に影響を与える可能性もあり、注意をしておいたほうが良さそうです。

そこで、本レポートでは改めてブレグジットを取り巻く論点を整理するとともに、ブレグジットを巡る今後のスケジュールと今後の展開について検討してみました。eワラントには英ポンド対円相場を対象としたコール型・プット型の取扱いがあります。ブレグジット問題の混迷が深まる中、まずは少額から英ポンドにレバレッジ投資をしてみたいとお考えであれば、是非この機会にeワラントの活用をご検討下さい。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

ここまでの経緯と残る課題

2016年6月に行われた国民投票の結果を受けて、英国はEUからの離脱を決定しました。この決定を受けて、国民投票後に就任したメイ首相は2017年3月にEUへ通告、通告から2年後の2019年の3月29日に正式に離脱を迎えることとなりました。

通告を受けて、英国とEUは離脱に向けた交渉を開始しました。まず、2017年12月までに、@在英EU市民・在EU英国民の権利水準は離脱前同等に維持すること、A北アイルランド・アイルランド間の国境にハードボーダー(物理的な壁)を設けない方針、B英国はEUに清算金を支払うこと、に関して合意しました。

次いで、両者は第二段階の交渉として、C離脱後の移行期間、D英国とEUの将来関係の枠組み、E北アイルランド・アイルランド国境に関する具体策導入が間に合わない場合の「バックストップ(予防策)」などの議論を開始しました。

このうちC移行期間については、2018年3月に、離脱後2020年12月31日まで(21ヶ月)とすることで合意しました。この間、英国は単一市場・関税同盟にとどまりつつ、独自に第三国との自由貿易協定(FTA)交渉は開始できることになります。また、この間は引き続きEUへの拠出金支払い義務を負う一方で、EUの意思決定に参加することはできません。

残る課題はD英国とEUの将来関係の枠組み、特に移行期間終了後の通商関係、及びE北アイルランド・アイルランド国境のバックストップです。

Eに関しては、英国のうち北アイルランドのみをアイルランド同様EUと同じ通関規則を適用する共通規制区域とすることで関税同盟・単一市場にとどめ、ハードボーダーの設置を回避することをEU側が提案しましたが、英国はこれを「レッドライン(越えられない一線)」として拒否しています。歴史的経緯から北アイルランドでは英国からの独立やアイルランドとの併合を求める声も多く、英国本土と異なる制度下におかれることで、国家の分断につながる可能性があるためです。一方、英国側は移行期間の延長を提案していますが、期限内に解決できない場合の策がなく、EU側が反対をしています。

ただ、この点については近く動きがあるかもしれません。11月4日付の英国紙は、英政府関係者や複数のEU高官の話として、離脱後も英国全体がEUの関税同盟にとどまる英国側提案をEUが容認したこと、離脱後の通商関係でもEUとカナダの自由貿易協定をモデルにした「経済パートナーシップ」で合意に近づいていることを報じました。報道を受けて、前述の通り英ポンドは大きく上昇しています。これまでも「合意間近」を論じるメディアが多数ありましたので、今回の報道に関しても信頼度は正確に測れませんが、今後もさらに注意深くニュースを見ていく必要があるでしょう。

2

今後想定されるシナリオとeワラントの活用

今後のターニングポイントとなりうるイベントとしては12月13〜14日に開催される欧州理事会が挙げられます。離脱期限(2019年3月29日)と離脱協定に関わる英国議会及び欧州議会での審議の時間を考慮すると、12月の理事会が実質的に離脱交渉のデッドラインとなる可能性があります。ここで離脱協定に合意することができなければ、英国は合意なき離脱(ハードブレグジット)の道をたどる可能性が高いでしょう。

EUと合意できたとしても、英国議会での審議を経なければ離脱協定を批准することはできません。メイ首相率いる与党保守党は英下院で単独では過半数の議席を占めておらず、加えて与党内にも政府案に反対する強硬離脱派が多数存在しています。仮にEUと離脱協定に合意することができた場合、メイ首相は保守党内部の強硬離脱派の説得、または野党労働党の切り崩しを図る必要があります。これができなければ、やはりハードブレグジットとなるでしょう。離脱の合意には大きなハードルがありそうです。

離脱に合意した場合も、決裂した場合も英ポンド相場は大きく動く可能性があります。英ポンド相場に投資する方法としては為替証拠金取引(FX)がありますが、証拠金取引の場合、相場急変時には強制的にロスカットが発生したり、追証が発生して投資元本以上の損失が発生する可能性があります。

一方、同じく英ポンド対円相場にレバレッジ投資ができるeワラントの場合、強制的にポジションが清算されることもないですし、投資元本を超える損失が発生することもありません。最大損失は投資元本までに限定されています。eワラントは相場が大きく変動するときに大きな値動きが期待できますので、荒れ相場にこそ追証のないeワラント活用のチャンスと言えるでしょう。

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

株式市場ではアップルが新型iPhoneの増産中止観測で電子部品が安いけど、観測報道による過剰な反応の可能性もあると見ているよ。電子部品の中でもTDKは業績が好調な銘柄の1つで、前年比で増収増益、通期見通しも上方修正をしているよ。短期的な株価の反発を狙ってコールで投資をしてみたいところだね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

株価の反発で大きな値上がりを狙って、満期まで短い銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

1週間程度の短期勝負だよ。

目標売却価格(買気配値)

5円を目標価格として指値を入れておくよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
ソニー コール 第317回
アルバック コール 第22回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

この原資産を選んだ理由

最近は米国債の入札が低調に終わるケースがあるようだね。トランプ大統領の大減税に伴う公的債務の拡大が意識されているのかもしれないね。債券市場では債券の供給過多は金利上昇につながるけど、金利の上昇は株式市場にとってはマイナス要因だよ。この傾向が続くなら米国株はしばらく下落が続くかもしれないね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

年内いっぱい米国株式市場が緩やかに下落することを想定して選んだよ。

保有期間の目安

12月中には手仕舞いを検討したいところだね。

目標売却価格(買気配値)

7円台での売却を目標としているよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

ダウ・ジョーンズ工業株価平均 プット 第335回
ダウ・ジョーンズ工業株価平均 コール 第381回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

IPO共同主幹事決定!

ソフトバンク株式会社(9434)
ソフトバンクグループの日本における中心的な事業会社

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.