SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 14:58:25

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた >  暴落を告げるあのシグナルが再点灯! 下落に備えるなら?

暴落を告げるあのシグナルが再点灯! 下落に備えるなら?

2018/6/21

先週開催された史上初の米朝首脳会談や日米欧の金融政策決定会合など、大きなイベントを通過し一段落かと思いきや、eワラント提供元のeワラント証券が公開しているヒンデンブルグオーメンが6月15日の取引終了時点で点灯しました。

ヒンデンブルグオーメンとは、高値・安値銘柄数や移動平均線などを用いたテクニカル分析で、米国株式市場の株価急落を予兆するシグナルとして知られています。シグナル点灯後1ヵ月程度の間に米国株式市場の下落が起こる可能性があると言われているため、しばらくの間は警戒をしておいたほうがよさそうです。

本レポートでは、ヒンデンブルグオーメンとはどのようなものか改めて確認しておくと共に、今後米国株式市場の急落があることを前提とした投資戦略をご紹介します。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

ヒンデンブルグオーメンって何?

eワラント提供元のeワラント証券HPでは、独自に定義したヒンデンブルグオーメンを毎営業日更新掲載しています(eワラントジャーナル 「本日のトレードインディケーター」)。

ヒンデンブルグオーメンはしきい値にどの値を用いるかによってシグナル点灯の有無は異なりますが、eワラント証券では以下の4つの条件を同時に達成した場合、シグナル点灯としています。

1.ニューヨーク証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数が共にその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.2%以上
2.NYSE総合指数の終値が50営業日前の終値を上回っている
3.短期的な騰勢を示すマクラレンオシレーターの値がマイナス
4.52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の二倍を超えない

また、ヒンデンブルグオーメンは点灯後向こう30営業日は有効とされ、シグナルが消えたからといってすぐに無効となるものではありません。ただし、3のマクラレンオシレーターがプラスとなった場合には、点灯後30営業日中であっても無効となります。

2014年から2018年6月18日までのNYSE総合指数とヒンデンブルグオーメンの点灯日を表したものが以下の図です。図の赤いラインがオーメンの点灯日を表しています。

ご覧頂くと、点灯後に大きな下落が発生しなかったケースも多くあり、シグナルが点灯したからといって必ずしも下落が起こるかというと、統計的な根拠は薄そうです。加えて、(理由は分かりませんが)昨年以来、ヒンデンブルグオーメンの点灯回数が多く、大きな下落を伴わなかったケースも多かった点を考慮すると、ある程度割り引いて考える必要がありそうです。

ただし、2014年10月の株安(点灯日:2014年9月18日)や2016年初のチャイナショック(点灯日:2015年12月2日)、最近では2018年2月上旬のVIXショック(点灯日:2018年1月29日)など大きな下落が発生した直前にヒンデンブルグオーメンが点灯していたことがあり、その下落幅を考慮すると、警戒はしておいたほうがいいでしょう。

2

米国株の下落を想定した投資戦略

今回、ヒンデンブルグオーメンが6月15日の取引終了時点で点灯しました。本稿執筆(6月19日15時)時点では、米国株式市場では未だ目立った下落は見られませんが、日本株式市場では日経平均が前週末比2.5%と大きく下落して取引されています。前述の通り、一度点灯すると30営業日は有効とされており、7月いっぱいは警戒しておいたほうが良いかもしれません。

米国株式市場の株価急落があると考えるのであれば、一旦保有している株式は手仕舞い、下落後に再び買い戻すという方法が考えられます。もし、米国株市場の下落を投資機会とするのであれば、それぞれの事情により影響度合いがまちまちになりがちな米国個別株よりは、指数のほうが投資対象としては適していると考えられます。eワラントであれば、ダウ平均を対象原資産としたプットのうち、権利行使価格が相場水準に近く、満期までの残存期間が短い銘柄を選ぶと、短期的な急落があったときに大きなリターンが期待できるかもしれません。

また、米国株式市場の下落があれば、日本株市場にとっても大きな下落要因となるでしょう。日経平均を対象としたプットを使って相場の下落を投資機会とするほか、現物株を保有している場合には保有している株式を対象としたプットを併せて保有することで、現物株の下落に保険を掛けるという使い方も可能です(保有株に下落の保険を掛けるeワラントの活用事例)。

市場では、米国と中国・EUとの貿易摩擦問題、米国長短金利動向(イールドカーブのフラット化)、新興国の政治・財政問題、南欧諸国の不安など市場を揺るがしかねないリスクが多数存在しています。相場が大きく動きかねないこのようなときこそ、損失限定のeワラントのご利用をご検討ください。

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

先日米国で行われたゲーム見本市E3では主力タイトルの発表こそあったがサプライズはない、というのがゲームに詳しい方々の反応のようだね。とはいえ、主力タイトルの業績貢献は期待できるだろうし、課金ユーザーも増えていることは好材料だね。株価は上昇トレンドに入っているし、押し目をコール型で狙っていきたいところだね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

上昇トレンドで株価が権利行使価格付近まで上昇することを期待して選んだよ。

保有期間の目安

1週間程度を目安にしているよ。

目標売却価格(買気配値)

20〜30%の利益を目標にしているよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
任天堂 プット 第238回
ファーストリテ コール 第220回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

南アランドの下げが止まらないね。きっかけは2018Q1のGDPがマイナス成長となったことだけど、先週のFOMCで米利上げペースの加速が確認されたこともダブルパンチとなったね。2018年の高値から下落する中で支持線となっていたラインを下抜け、次の節目は2017年の安値7.75円あたりがターゲットになりそうだけど、ここを楽に下抜けるようなら7円割れも視野に入ってきそうだ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

夏までに7円に近づくと大きな上昇が得られるかもしれないね。

保有期間の目安

トレンドが続く限り保有するつもりだよ。

目標売却価格(買気配値)

2.2円程度まで上昇することを期待しているよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

米ドルリンク債 プット 第830回
南アフリカランドリンク債 プット 第159回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.