SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-04-20 00:46:09

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた >  間もなく決算発表!主要企業の想定為替レートをチェック

間もなく決算発表!主要企業の想定為替レートをチェック

2018/04/12

2017年度も終わり、4月中旬から主要企業の本決算発表が始まります。日本の主力企業には輸出企業が多いため、為替レートの変動は企業業績や株価に与える影響が大きいといえるでしょう。

とはいえ、為替レートをどのように想定しているかは各企業ごとに異なりますし、為替相場変動の影響の受けやすさも異なります。その違いをうまく捉えることができれば、投資機会とすることができるかもしれません。

そこで、本レポートでは今後の本決算の発表シーズンに備え、主要輸出企業が想定していた為替レートと地域ごとの売上構成から、為替相場の変動が業績に与える影響を考えます。また、本決算で波乱があるとすればeワラントを使ってどのような投資戦略が実行できるのかについてもご紹介しています。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

国内主要企業の想定為替レートと地域別売上比率

為替相場はリアルタイムで変動しますが、各企業では年度の事業計画を立てる上で、前提となる為替レートを決めて業績の見通しを計算しています。このときの前提として置かれる為替レートを「想定為替レート」と呼びます。

一般的に円安は輸出企業にとって良い、と言われます。輸出企業は外貨ベースの売上を日本円で評価するため、事前の想定為替レートよりも円安が進行していれば円換算ベースでの評価額がかさ上げされるためです。そのため、円安の進行は輸出企業の株価にとってポジティブ要因、円高の進行はネガティブ要因になっていると考えられています。

ここでポイントとなるのは、輸出企業が想定為替レートをいくらにしているかということです。想定為替レートよりも円安が進んでいればかさ上げ効果が見込める一方で、想定為替レートよりも円高が進んでいればかさ上げどころか評価減が生じてしまいます。

2018年4月2日に公開された日銀短観(3月調査)では、2017年通期の大企業・製造業の想定為替レートは110.67円/ドルとされています。ただし、想定為替レートは企業によって異なりますので、ここでは主要企業が想定為替レートをいくらにしていたのか見てみましょう。

業種

銘柄名

コード

想定為替レート(通期)

ドル

ユーロ

輸送用機器

トヨタ

7203

111

129

ホンダ

7267

110

日産

7201

110

130.2

SUBARU

7270

112

130

マツダ

7261

111

130

スズキ

7269

111

123

機械

コマツ

6301

108.6

119.3

ダイキン工業

6367

110

126

電気機器

日立

6501

111

126

村田製作所

6981

110.5

128.1

ソニー

6758

113

134

  • ※第三四半期決算発表時点で取得可能な決算情報からeワラント証券作成。本情報は正確性を保証するものではありません。

3/31時点における米ドル対円相場は106円程度、ユーロ対円相場は131円程度でした。
総じて、各社ユーロに対しては想定どおりまたはやや保守的な想定為替レートになっていますが、米ドルに関しては総じて実勢為替レートが想定為替レートよりも円高になってしまっています。米中の貿易摩擦激化への警戒感から、安全資産である円にマネーが流入したことが原因と考えられます。

上記のうち、輸送用機器ではホンダとSUBARUは売上に占める北米の割合が高いので、ユーロよりも米ドルの変動の方が業績に影響が大きく、円高ドル安は誤算となるかもしれません。一方、トヨタやスズキ、マツダは売上に占める北米の割合が他社よりも相対的に低く、ドル安の影響は比較的軽微となるかもしれません。ただし、スズキの場合はインドなどアジア圏の比率が高くなっているので、そちらも確認しておいたほうがよさそうです。

機械、電気機器では日立は売上に占める日本の割合が高めですが、コマツやダイキン工業、ソニーや村田製作所は海外の売上比率が高くなっています。特にコマツとダイキン工業は米国の比率が他社よりも高めなので、ドル安の影響を受けそうです。村田製作所はその他地域が多くなっており、特に中華圏の比率が高くなっています。

2

本決算で波乱があるとするなら

主要企業の想定為替レートを踏まえると、ユーロに対しては各社保守的に為替レートを想定していますが、米ドルについては事前の想定よりも円高米ドル安が進行したため、米国からの売上が高い企業には本決算発表において、過去の実績および将来の見通しに関してネガティブな内容が発表されるかもしれません。

投資戦略としては値動きが似ている同業種で想定為替レートが低め、又は米国からの売上比率が低い銘柄のコールと、想定為替レートが高め、又は米国からの売上比率が高い銘柄のプットを両方建てることで、全体の相場変動の影響を受けにくくしたうえで利益を狙うことができるかもしれません。相場が大きく動いた場合、一方の利益が他方の損失を相殺して、なおかつ数%の利益を狙うという投資戦略です。

利益を狙えるのはコールの原資産になっている株式が、プットの原資産になっている株式を大幅に上回るパフォーマンスになった場合か、プットの原資産になっている株式が、コールの原資産になってる株式を大幅に下回るパフォーマンスになった場合です。目安として、合成ポジションが3〜5%程度の含み益が発生したら利食い売りをしましょう。

【輸送用機器で合成ポジションを組むなら】
  トヨタ自コール 第273回   or   スズキコール 第21回
  +
  ホンダプット 第167回   or   SUBARUプット 第53回

【機械・電気機器で合成ポジションを組むなら】
  日立コール 第172回
  +
  コマツプット 第120回   or   ダイキン工プット 第70回

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

NTT(9432)の株価はこのところ上昇基調にあるね。自社株買いの実績が投資家に評価されているということかもしれないね。子会社のNTTデータ(9613)については米系証券が投資判断を中立⇒買いに引き上げたようだよ。株価に順張りする前提でコール型を選択したよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

短期的な株価の上昇を狙って、権利行使価格の高い銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

4月末ぐらいまでに手仕舞いたいところだね。

目標売却価格(買気配値)

1.2円程度を目標価格とするよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
NTT コール 第107回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

2月の中旬以降、米ドル対円相場の値動きは小幅で105〜107円くらいで留まっている印象だよ。今後も為替相場のボラティリティが低い状態が続くと考えるなら、ニアピンで大きなリターンが狙えるかもしれないね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

満期の米ドル対円相場が105〜107円の範囲内になると予想して選んだよ。

保有期間の目安

ピン価格から大きく外れない限りは満期で保有してみても良いかもしれないね。

目標売却価格(買気配値)

50円以上では売却したいところだね。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

ニアピン米ドルr2 第1068回
ニアピン米ドルr2 第1070回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • 積立サマリー
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.