SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-17 17:17:26

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた >  英国のEU離脱?波乱の為替相場にはeワラントの活用を!

英国のEU離脱?波乱の為替相場にはeワラントの活用を!

2016/06/09

英国のEU離脱(BREXIT)を巡る国民投票が6月23日に実施されます。国民投票の結果公表時には英ポンド相場やユーロ相場が大きく変動する可能性があります。また、先日の米雇用統計では雇用の伸びが市場予想を大幅に下回り、幅広い通貨に対して米ドルが下落しました。今月は14日、15日に開催されるFOMCもあり、為替相場の急変には注意が必要です。

為替相場に投資する方法としてFX(外国為替証拠金取引)が多数派かもしれません。FX取引においてはお客様のポジションをリアルタイムで値洗いし、評価損失が一定水準に達した場合に強制的にポジションを決済するロスカットが一般的ですが、これはショックのない相場で機能するものです。2015年1月のスイスフランショックのように短時間のうちに相場が急変する場合には強制ロスカット機能が発動せず、甚大な損失が発生することがあります。

本レポートでは追証のないeワラントのメリットを再確認していただくとともに、6月の為替相場が急変することを念頭においたeワラントの活用事例をご紹介いたします。為替相場への投資手段として最大損失が限定されていて、追証の心配が必要ないeワラントをこの機会にご検討ください!

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラント取引のお申し込みはこちら
2

英国のEU離脱国民投票など重要イベントが目白押し

6月23日(木)に英国がEU離脱についての国民投票を行います。これをBREXITと呼ぶこともありますが、BREXITとは英国がEUを離脱することで、「BRITAIN」と「EXIT」を組み合わせた造語です。最近の世論調査によるとEU離脱支持率が残留支持率を若干上回るなど、現実味を帯びてきています。仮に英国がEUを離脱することになれば、英ポンドやユーロだけでなく各国の株式市場にも大きな影響を与えることになります。

英国がEUから離脱することが決定された場合、英国はEUと貿易協定を新たに締結する必要があるだけでなく、EUが域外国と締結していた様々な協定に関して英国が独自に再交渉しなければならなくなります。また、環境・安全基準や法制度も英国が独自に迅速に整備する必要があります。英国とEU圏の人や物の流れが現在よりも容易になるはずはなく、EU圏外の国との交渉も巨大な経済力を持つEUとして得られていたものと同等の条件は期待しにくくなるでしょう。英国やEUの株式だけでなく、英ポンドやユーロも軟調な展開となることが予想されます。
(ご参考:eワラントを極める!バックナンバー「英国のユーロ離脱:BREXITに備える投資アイデア」)

英国がEU離脱なら・・・英ポンド安、ユーロ安、英国株安、欧州株安
英国がEU残留なら・・・英ポンド高、ユーロ高、英国株高、欧州株高

また、英国の国民投票に先んじて米国では6月14日、15日に連邦公開市場委員会(FOMC)があり、日本では6月15日、16日に日銀の金融政策決定会合を控えています。直近の米雇用統計では雇用の伸びが市場予想を大幅に下回り、幅広い通貨に対して米ドルが下落しましたが、これは6月14日、15日のFOMCで米国が追加利上げに踏み切るとみる観測が後退したことによります。FOMCと日銀の金融政策決定会合の政策発表時には米ドル対円相場の急変が予想されます。

FOMCで追加利上げあり・・・米ドル高、米国株安
FOMCで追加利上げなし・・・米ドル安、米国株高

日銀が現状維持又は小規模な追加緩和策発表・・・円高、日本株安
日銀が大規模な追加緩和策発表・・・円安、日本株高

※上記は正確性を保証するものではありません。

2

ショックに強いeワラントのメリットと具体的な投資戦略

2015年1月15日、スイス中央銀行はスイスフランの対ユーロ上限(ペッグ)を3年ぶりに撤廃することを発表し、スイスフラン急騰という衝撃が走りました。ユーロ/スイスフラン相場は日本時間の18:30では1.2008でしたが、わずか20分後には0.8636まで急騰し、率にして28%の上昇となりました。

外国為替証拠金取引(FX取引)においてはロスカットとして、証拠金維持率が一定の水準まで低下した場合にFX事業者が顧客のポジションを強制的に決済することが一般的です。しかしながら、当時のユーロ/スイスフラン相場では瞬時に相場が急変したため、ロスカット機能が正常に発動しない、もしくは証拠金をはるかに超える損失で約定するケースが発生しました。口座残高がマイナスになり、追加で差し入れる証拠金(追証)をFX事業者から請求された投資家が国内外で多数に上ったと見られます。

eワラントでも為替相場にレバレッジ投資ができます。eワラントを活用するメリットとして、eワラントは証拠金取引ではないことが挙げられます。つまり、強制的にポジションが清算されることもないですし、投資元本を超える損失が発生することもありません。最大損失は投資した元本までに限定されています。eワラントは相場が大きく変動するときに大きな値動きが期待できますので、今月のように為替相場の急変が予想されるときこそ追証のないeワラントを活用したいところです。

eワラントは有価証券であるために取引において証拠金は必要ありません。投資元本の全額を失うリスクはありますが、どんな市場ショックが起きても投資家に追証が発生することはありません。図は1米ドル=100円のときに50,000米ドルをFX取引のレバレッジ25倍で買い建てるケースとeワラントのコールを買付けたケースでの比較したものです。両者とも20万円で新規のポジションを建てた後に相場が急変し、10%の変動があったものとしています。eワラントは追証が無いので相場急変でもポジションがマイナスになることはありませんが、FXは証拠金の20万円をはるかにこえる追証が発生することになります。

想定元本50,000米ドル分投資
  FXレバレッジ25倍で買建 eワラントコールを買付
買い約定時 相場急落時(-10%) 買い約定時 相場急落時(-10%)
為替レート ¥100.00 ¥90.00 ¥100.00 ¥90.00
想定元本(米ドル) $50,000 $50,000 $50,000 $50,000
想定元本(日本円) ¥5,000,000 ¥4,500,000 ¥5,000,000 ¥4,500,000
保有ワラント数 50,000 50,000
eワラント価格(試算) 5.10 1.40
評価損益 ¥0 -¥500,000 ¥0 -¥185,000
ポジション時価評価額 ¥200,000 -¥300,000 ¥255,000 ¥70,000
法定証拠金 ¥200,000 ¥180,000
不足金(追証) ¥480,000

※各手数料、スプレッド、スワップポイントは考慮せず。買い約定後、即時急落が発生したと仮定。

※eワラント価格(試算)は残存270日、ボラティリティ15%程度、金利0%、権利行使価格100円、1ワラント当たり原資産数1と仮定

具体的な投資戦略としては、「どちらとも分からないけれども、とにかく大きく相場が動きそう」と考えるなら、コールとプットを両建てする方法が考えられます。例えば、英国の国民投票をイベントとして投資するのであれば、英ポンドリンク債のコールとプットに同金額投資して、国民投票翌日(6月24日)に売却します。銘柄選定のポイントとしては、英ポンド対円相場に近い権利行使価格の銘柄で、満期日がなるべく近いものを選びます。本稿執筆時点で英ポンド対円相場は155円付近でしたので、権利行使価格が相場水準に近く、満期日がなるべく近い銘柄を選ぶとこちらになります。

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

雇用統計の結果の悪化に伴い6月利上げ観測が後退したことで、相対的に金の価格が上昇したね。来週のFOMCで6月の利上げ見送りが正式に発表されると、さらに金の価格が上昇してくることが期待できそう。とはいえ、日銀の金融政策決定会合や英国のEU離脱に関する国民投票など、今月は大イベントが盛りだくさんなので、あくまで短期保有を念頭におきたいところだね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

円建ての金価格が4,300円程度で、この銘柄の権利行使価格は4,200円。権利行使価格が相場水準より低めの銘柄は比較的リスクが抑えられていて、初心者向けなんだ。

保有期間の目安

1週間〜10日程度

目標売却価格(買気配値)

5.5円ぐらいが売却の目標だよ。

  • ※あくまでも目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

金リンク債コール216回
金リンク債コール219回
金リンク債コール222回
金リンク債コール224回
東京電力ホールディングスプラス5倍トラッカー2回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

米ドル対円相場は米国の追加利上げの有無を巡って右往左往している感じがするけれど、中長期的な視点で日足のチャートを見ると、4〜5円くらいのレンジで上下しながら円高傾向にあるね。5月末の111円台前半を直近の高値とすると6日の106円台は直近の安値かもしれないね。この銘柄は中長期的に円高が進むことを想定している場合に選択する銘柄なので、米ドル対円相場が109円〜110円台を回復したら下落を見込んで保有したいね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

中長期的な相場下落を見込んでいるので、満期日までの期間が長く、権利行使価格が高めの銘柄にしたよ。

保有期間の目安

満期保有まで考えているよ。

目標売却価格(買気配値)

15円程度以上で売却を検討したいね。

  • ※あくまでも目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

米ドルリンク債プット584回
米ドルリンク債プット578回
米ドルリンク債プット583回
米ドルリンク債プット566回
日経平均プット690回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラント取引のお申し込みはこちら

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客様のeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.