SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-01-19 08:29:50

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  【2018年のテーマ株を探る(1)】金利上昇に強い業種・銘柄はコレ!?

【2018年のテーマ株を探る(1)】金利上昇に強い業種・銘柄はコレ!?

2018/01/12
投資調査部 鈴木英之

2018年の東京株式市場がスタートして2週間が経ちました。日経平均株価は2017年末終値が22,764円94銭でしたが、年明け後の1/9(火)には一時24,000円手前まで上昇。その後は足踏みとなっていますが、おおむね堅調な展開となっています。

2018年はどんな相場になるのでしょうか。そして、どのような相場テーマが株式市場で関心を集めるのでしょうか。「日本株投資戦略」では今後折に触れ、2018年の相場テーマについて考えていきたいと思います。

今回は「金利上昇」についてレポートしてみました。2018年は金利上昇に強い業種や銘柄が好パフォーマンスとなる可能性が大きいと「日本株投資戦略」では予想しています。

1

金利上昇局面に強い業種はどこか?

世界経済をけん引する米国で長期金利の上昇が加速する兆しが出ています。図1は米国の長期金利(10年国債利回り)の推移をみたもので、2017年3月に2.6%台まで上昇した後は2.4〜2.5%が上限となってきましたが、2018年明け後にはこの上限を突破してきました。

米国経済は、12月まで3ヶ月間の非農業部門雇用者数が月平均で20万人を超えるなど、順調な拡大を示しています。そうした中、12/22(金)には法人税の引き下げ(35%から21%に)を骨子とする税制改革法案(減税は170兆円規模)が成立し、経済成長はさらに加速する兆しが出てきました。市場コンセンサス(Bloomberg)では米長期金利は2018年末に2.91%、2019年末には3.25%まで上昇すると予想されています。

一方、欧州ではECB(欧州中銀)が2018年から資産買い入れ額を縮小し始めています。欧米の金融政策はこれまでの緩和的政策から中立方向に向けて動き始めていると考えられます。こうした動きを背景に、新興国では今後、国内から資金流出を防ぐべく金融を引き締めるケースも出てきそうです。我が国でも、マイナス金利が銀行経営に与える副作用も意識され始め、「日銀は2018年に長期金利の誘導目標を引き上げる」との予想も出ています。

金利は世界的に上を向き始めているのかもしれません。米長期金利の上昇はそうした将来を織り込んでいるのかもしれません。表1は東証・業種別株価指数と米10年国債利回りの相関係数を調べ、相関係数が高い順に10業種並べたものです。米長期金利が上昇する局面で株価が上昇しやすい業種は順番に「銀行業」、「保険業」、「鉄鋼業」、「非鉄金属」以下となっています。

日本の長期金利が上昇するとの見方も出ていますが、いまだデフレからの脱却が明確になった訳ではなく、円高を招くリスクを伴う「出口戦略」について、日銀は慎重にシフトすると考えられます。「日本株投資戦略」では、当面、先行して金利が上昇しやすいのは米国であると考え、相関係数の計算では米長期金利を対象にしています。

図1:米10年国債利回り(日足)

  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

表1:米長期金利に対する相関係数が高い業種

東証33業種で分類された業種

相関係数

銀行業

0.529

保険業

0.518

鉄鋼

0.514

非鉄金属

0.500

証券・商品先物取引

0.492

輸送用機器

0.489

海運業

0.450

電気機器

0.431

鉱業

0.429

機械

0.415

  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。業種別株価指数と米長期金利(10年国債利回り)の相関係数(期間は2017年末までの2年間・週足)が高い10業種を表にしたもの
2

金利上昇局面で上昇しやすい銀行株の現状は?

表2は銀行株の株価、時価総額他をみたものです。東証・業種別株価「銀行業」は昨年11/20(月)を当面のボトムとして上昇に転じましたので、そこからの株価騰落率も掲載しています。

東証1部の銀行セクターの時価総額は合計で約50兆円であり、東証1部全体(1/11現在の時価総額は699兆円)の7%を占めています。銀行セクターの中では「3メガバンク」と称される時価総額上位3銘柄で「銀行業」全体の51%を占めています。さらに、業種別株価指数「銀行業」に占める組み入れ比率は上位3銘柄で63%に達しています。

このため、業種別株価指数「銀行業」のパフォーマンスを大きく左右するのも3メガバンクを中心とする上位銘柄であると考えることができます。銀行株が当面のボトムを付けた昨年11/20(月)以降、「銀行業」は16.7%上昇しましたが、表の上位2銘柄はそれを上回るパフォーマンスになっています。このため、機関投資家がベンチマークに勝つべく、銀行株の組入れを決めた場合は、表の上位銘柄が優先されるケースが多いと考えられます。

表2:銀行株の現状と主要指標

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(1/11)
時価総額
(億円)
時価総額
ウェイト
指数
ウェイト
株価騰落
(11/20〜)
現買信買 チャート 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 881.9 123,710 24.8% 29.6% 20.0%
現買信買 チャート 8316 三井住友フィナンシャルグループ 5228 73,947 14.9% 18.9% 20.5%
現買信買 チャート 8411 みずほフィナンシャルグループ 216 54,842 11.0% 14.1% 10.7%
現買信買 チャート 8309 三井住友トラスト・ホールディングス 4709 18,382 3.7% 4.4% 16.1%
現買信買 チャート 8308 りそなホールディングス 723.6 16,817 3.4% 3.8% 24.5%
現買信買 チャート 7186 コンコルディア・フィナンシャルグループ 721 9,284 1.9% 2.1% 23.7%
現買信買 チャート 7182 ゆうちょ銀行 1527 68,715 13.8% 2.0% 10.7%
現買信買 チャート 8331 千葉銀行 993 8,694 1.7% 1.7% 21.4%
現買信買 チャート 8355 静岡銀行 1233 7,954 1.6% 1.5% 19.4%
現買信買 チャート 8354 ふくおかフィナンシャルグループ 685 5,889 1.2% 1.3% 22.8%
    - 業種別株価指数「銀行業」 216.6 497,941 100.0% 100.0% 16.7%
  • ※Bloombergデータを用いてSBI証券が作成
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
「HYPER空売り」サービスで収益チャンスを増やそう!

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 積立サマリー
  • 国内株式 強力なサポートツール7選
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.