SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-24 09:13:03

マーケット > レポート > 出世株を探せ!新興株ウィークリー >  15万円以下で買える高ROE・好業績期待銘柄はコレ!?

15万円以下で買える高ROE・好業績期待銘柄はコレ!?

2019/6/19
投資情報部 長谷川 稔

米国の利下げ観測が高まったこと、同国のメキシコ製品に対する関税実施先送りの動きなどを背景に、日経平均株価は6/4(火)を底として反発に転じています。ただし東証1部の売買代金は低水準で、投資家の気迷い状態を表しているように思います。懸案の米中貿易問題は依然として未解決で、世界的に景気・企業業績の減速感が強まっていることが背景です。また、日本株に関しては、米国の金融緩和観測が円高・ドル安要因につながり、企業業績面でマイナス要因となることも指摘されます。

そうした中、資本効率が高く、自ら稼ぐ力に富む銘柄は、好業績が期待され、相対的に高いパフォーマンスをあげることが期待されます。そこで、今週の「新興株ウィークリー」では、資本効率(ROE)が高く、好業績が期待される銘柄をご紹介したいと思います。また、ボーナスシーズンを控えていることもあり、初心者の方でも投資しやすい、小額資金でも買える銘柄を抽出してみました。皆様の投資のご参考になれば幸いです。

信用取引口座開設

115万円以下で買える高ROE・好業績期待銘柄はコレ!?

それではさっそく、スクリーニングを行ってみたいと思います。スクリーニング条件は以下の通りです。
(1)東証マザーズまたはJASDAQ上場銘柄で、時価総額が50億円以上の銘柄であること
(2)最低投資単位が100株で、15万円未満の投資金額で株主となれる銘柄であること(6/18終値ベース)
(3)ROE(自己資本純利益率)が予想ベースで15%以上であること
(4)以下の条件を満たした好業績期待銘柄であること
 (A)今期会社予想経常利益が30%以上の増益であること
 (B)四半期の経常利益進捗度が年度予想利益に対し標準(1Qなら25%、2Qなら50%など)以上であること
 (C)3月決算の場合など四半期決算が無い場合は、前期実績が会社予想利益を上回って着地していること
 (D)前期決算が赤字でないこと(純利益を含む)
これらの全条件を満たす銘柄を今期の経常増益率の高い順に掲載したものが表1となります。掲載の順番は今期の会社予想経常増益率が高い順番に並べています。

株式相場全体に、企業業績に対する信頼感が無い状況においては、企業業績の好調が予想される銘柄に投資することが肝要と思われます。また、高ROE銘柄は株主資本を有効に活用している証左であり、機関投資家や外国人投資家の銘柄判断では重要な指標となっています。

表1:15万円以下で買える高ROE・好業績期待銘柄はコレ!?

取引 チャート ポート
フォリオ
コード 銘柄名 株価(円)
6月18日
今期会社予想
経常増益率
(%)
ROE
(自己資本利益率)
(%)
主な事業内容
現買信買 チャート 追加 3556 リネットジャパングループ 1,187 819.8 34.6 リユースの『ネットオフ』と小型家電回収
現買信買 チャート 追加 7325 アイリックコーポレーション 1,491 106.5 18.6 来店型保険ショップを展開
現買信買 チャート 追加 3674 オークファン 871 84.2 18.5 ネットオークションの情報・価格検索サイト
現買信買 チャート 追加 7048 ベルトラ 1,399 71.5 25.9 海外旅行の現地ツアーのオンライン予約
現買信買 チャート 追加 6046 リンクバル 766 39.6 44.6 街コンなどイベント情報のECサイト運営
現買信買 チャート 追加 3300 AMBITION 1,440 32.4 44.5 都内の居住用不動産のサブリース
  • ※各社公表データ等を用いてSBI証券が作成。ROEは今期の会社予想純利益をベースに計算。

2抽出銘柄のポイント

それでは表1で抽出された銘柄のうち数銘柄について、チャートと注目ポイントを簡単にご紹介したいと思います。

リネットジャパングループ(3556)は、2016年12月にマザーズに上場しています。ネットでのコミック、CD、ゲームなどの買取および中古品販売を行う「ネットオフ」で事業基盤を築き、PCを含む小型家電の回収事業にも進出しています。近年は、カンボジアでの同種事業および小口金融業、中古自動車販売などが急成長中です。また同国政府が運営する職業訓練校と連携し、日本語教育を実施したうえで日本での就職向けの研修センターを建設する予定で、将来は1,000人規模の日本への人材派遣を行う計画です。今19/9月期の業績は、カンボジア関連事業の成長により、前期比約10倍の経常増益を見込んでいます。

アイリックコーポレーション(7325)は、2018年9月にマザーズに上場しています。生損保の代理店として創業しましたが、独自のワンストップ型「保険分析・検索システム」を開発し、来店型の保険ショップ「保険クリニック」を展開中です。現在直営店を34店舗(19/5月末時点)展開している他、全国に153のフランチャイズ方式の店舗を有しています。店舗網の拡大により業績は順調に拡大しており、19/6月期は経常利益で倍増以上で着地の見通しです。

ベルトラ(7048)は、2018年12月にマザーズに上場しています。主力事業は、インターネットによる海外旅行予約サイトの運営です。ただし通常のパッケージツアーではなく、現地でのオプショナルツアーに特化しているのが特徴です。またツアー自体も、現地体験型のユニークな企画が多く、現地での直前の予約にも対応できるのが特徴です。ニッチな業態のうえ、「10連休」関連銘柄との思惑もあり、株価は上場以来、始値の3.5倍まで上昇しましたが、足元はその反動で下落しており、バリュエーション面での割高感はやや修正されてきました。19/12月期、会社側は71.5%経常増益の計画ですが、1Q時点で約4割の進捗となっており、上方修正の可能性も出ています。

リンクバル(6046)は、2015年4月にマザーズに上場しています。街コン主力のイベントECサイト「machicon JAPAN」を運営しています。婚活マッチングや恋愛情報等のWEBサービスも提供しています。知名度を活かし、他社開催のイベント掲載を増加させたことによる、イベント参加者拡大、費用の効率化で業績が好調です。19/9月期は39.6%経常増益を計画しています。中期的には「街コン・婚活市場」から、さらに市場規模の大きい「コト消費市場」や、海外での事業展開が予想されます。

図1:リネットジャパングループ(3556)・日足

図2:アイリックコーポレーション(7325)・日足

図3:ベルトラ(7048)・日足

図4:リンクバル(6046)・日足

  • ※図1から4は当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

3【新興市場Now】マザーズ指数は小幅下落

東証マザーズ指数の6/18(火)終値は890.30と、6/11(火)終値901.06から1.2%の下落となりました。JASDAQ平均は横ばいでした。日経平均は1.1%の下落でしたから、マザーズ指数はほぼ日経平均並みのパフォーマンス、JASDAQ平均はやや優位な値動きとなりました。

マザーズ市場では、PKSHA Technology(3993)を除き、メルカリ(4385)サンバイオ(4592)ティーケーピー(3479)ミクシィ(2121)などの時価総額の大きい銘柄が軒並み下落しました。その他の個別銘柄では、黒字転換で会社予想を大幅に上回る3Q決算を発表したラクスル(4384)が急上昇となりましたが、逆に前回上昇が目立ったエルテス(3967)ヘリオス(4593)グッドスピード(7676)などはいずれも下落しました。

JASDAQ市場も、ワークマン(7564)、ユニバーサルエンターテインメント(6425)、東映アニメーション(4816)など時価総額の大きい銘柄は揃って値を下げました。

※東証マザーズ指数について:東証マザーズ市場は近い将来東証1部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。マザーズ指数は、マザーズ市場に上場する全銘柄の時価総額加重平均型(浮動株調整後)の指数です。ただし、一部の時価総額の大きい銘柄の影響度が大きい点に注意を要します。ちなみに5月末のマザーズ市場の時価総額に占めるメルカリ(4385)のシェアは8.7%、そーせいグループ(4565)が6.0%、ミクシィ(2121)とサンバイオ(4592)がそれぞれ4.7%、などとなっています。

図5:東証マザーズ指数(日足)

図6:JASDAQ平均(日足)

  • ※図5、図6ともに当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

表2:主要株式指標の騰落率(6/11〜6/18)

指数

終値(6/18)

騰落率

日経平均株価

20,972.71

-1.1%

東証マザーズ指数

890.30

-1.2%

JASDAQ平均株価

3,367.33

0.0%

表3:主要新興市場銘柄の騰落率(6/11〜6/18)

コード

銘柄

終値(6/18)

騰落率

マザーズ市場の時価総額上位銘柄

 

4385

メルカリ

2,982

-2.2%

4592

サンバイオ

3,625

-5.5%

3479

ティーケーピー

5,350

-9.2%

2121

ミクシィ

2,143

-4.2%

3993

PKSHA Technology

7,010

4.2%

JASDAQ市場の時価総額上位銘柄

 

2702

日本マクドナルドホールディングス

4,850

-1.7%

7564

ワークマン

4,900

-2.4%

6324

ハーモニック・ドライブ・システムズ

3,900

-3.2%

6425

ユニバーサルエンターテインメント

3,255

-3.1%

4816

東映アニメーション

5,070

-4.5%

直近上場銘柄・市場で話題の銘柄

 

3967

エルテス

1,568

-3.2%

4593

ヘリオス

1,831

-2.5%

7676

グッドスピード

3,210

-12.8%

4384

ラクスル

4,790

16.1%

7806

MTG

1,257

-22.4%

  • ※表2・表3はBloombergデータをもとにSBI証券が作成。騰落率は6/11(火)終値と6/18(火)終値の比較による。時価総額は5月末基準。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.