SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-05-21 08:07:05

マーケット > レポート > 出世株を探せ!新興株ウィークリー >  マザーズの「上方修正期待銘柄」はコレ!?

マザーズの「上方修正期待銘柄」はコレ!?

2019/4/17
投資情報部 長谷川 稔

先週号で触れたゴルフ界最大のイベントであるマスターズトーナメントは、43歳のタイガー・ウッズが度重なる怪我や多くのスキャンダルを乗り越え、11年ぶりにメジャートーナメントで優勝するという劇的な結末となりました。ゴルフ好きで有名なトランプ大統領は、得意のツイッターでタイガーを祝福し、文民最高勲章である「大統領自由勲章」を授与すると発表しました。

さて今回の「新興株ウィークリー」では、決算発表シーズンを迎えて、マザーズ市場銘柄で上方修正の可能性がある銘柄の抽出を試みてみました。なんといっても、業績の上方修正は株価上昇のインパクトが大きいイベントです。皆さまの銘柄選定のヒントになれば幸いです。

信用取引口座開設

1マザーズの「上方修正期待銘柄」はコレ!?

冒頭でご説明したように、今回の「新興株ウィークリー」では、決算発表シーズンを控え、業績見通しの上方修正や好業績での着地が期待できる銘柄を抽出すべくスクリーニングを行ってみました。スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)東証マザーズ上場銘柄であること
(2)今期の会社予想経常増益率が20%以上であること(会社予想を公表していない銘柄は除外)
(3)直近四半期までの累計経常利益の進捗率が会社予想経常利益(年間)に対して標準以上であること
   *1Q決算なら25%、2Q決算なら50%、3Q決算なら75%以上。
   *なお四半期決算がない場合(12月決算など)は、前期本決算の増益率が直前の会社予想増益率を上回っていること
(4)ROE(※)が10%以上であること
(5)4/16(火)時点の株価が年初来安値から30%以上上昇していないこと
(6)直近の四半期決算発表以降に上方修正を行っていないこと

これらの全条件を満たす銘柄を、コード番号順に並べたものが表1です。「新興株ウィークリー」では、これらの銘柄は今後、決算発表が本格化する東京株式市場で、活躍が期待できる銘柄であると評価しています。

3月決算銘柄の場合、2019年3月期の業績については、第3四半期累計(2018年4〜12月期)期間まで発表済みであり、未発表の2019年1〜3月期分の業績を加え、通期(2019年3月期)業績として発表されることになります。したがって、現時点で通期業績を決め打ちすることはできません。しかし、第3四半期累計期間までの業績が好調であれば、通期の会社予想営業利益を達成する可能性が大きく、場合によっては上方修正される可能性が相対的に大きいと考えられます。ただ、狙い通りに新聞等で好業績が観測報道され、その後に決算発表が出た場合、新聞報道直後が株価のピークになる場合もあります。また、仮に好決算を発表しても、2020年3月期の新しい会社予想業績が市場コンセンサスを下回り、株価が下落するというパターンもこれまで数多く観測されており、注意を要します。

なお(5)の条件は、企業が上方修正を行っていなくても、株価が既にその期待を元に上昇しているものを排除するために加えてみました。

※ROEは弊社WEBサイトの個別銘柄の業績をご紹介したペーシで用いられている予想ベースの数字です。

表1:マザーズの「上方修正期待銘柄」はコレ!?

取引 チャート ポート
フォリオ
コード 銘柄名 株価
4/16(火)
(円)
今期会社予想
経常増益率
直近四半期
までの進捗率
(四半期、進捗率*)
現買信買 チャート 追加 3416 ピクスタ 1,807 84.0 12月本決算、359.5%
現買信買 チャート 追加 4439 東名 2,899 27.2 2Q、63.1%
現買信買 チャート 追加 6579 ログリー 3,420 31.7 3Q、93.2%
現買信買 チャート 追加 7059 コプロ・ホールディングス 1,905 40.4 3Q、80.9%
現買信買 チャート 追加 7062 フレアス 3,300 41.5 3Q、102.6%
現買信買 チャート 追加 7063 エードット 2,420 33.6 2Q、89.0%
現買信買 チャート 追加 7172 ジャパンインベストメントアドバイザー 2,758 54.0 12月本決算、77.3%
現買信買 チャート 追加 9467 アルファポリス 1,840 58.5 3Q、81.5%
  • ※Bloombergデータ、会社資料等をもとにSBI証券が作成。今期会社予想経常増益率は4/16(火)現在のデータで作成しており、その後変動しているケースもあります。また12月本決算銘柄については、進捗率ではなく前期の決算実績(通期)の経常増益率を記載しています。

2抽出された銘柄のご紹介

それでは表1で抽出された銘柄のうち数銘柄について、チャートと事業内容のポイントを簡単にご紹介したいと思います。

ログリー(6579)は、2018年6月にマザーズに上場した日本で初めてのネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」を運営する会社です。ネイティブ広告とは複数の広告媒体を集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体をまとめて配信する仕組みです。またこのプラットフォームの読者の属性を元に、リピート貢献度の高い記事を分析するコンサルティングサービスも行っています。他の広告媒体からWEB広告へのシフトを追い風に、業績は順調です。3Qまでに年間予想利益の93.2%を計上しており、上方修正の可能性が高いと思われます。

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)は、2014年にマザーズに上場した航空機のオペレーティング・リース(物件価格から残存価値を差し引いた金額でリース料金を設定)を主力とする会社です。航空機以外にも船舶やコンテナのオペレーティング・リース、太陽光発電、航空機の部品販売・改造なども手がけています。世界的な航空機需要の増加と、上場による資金調達力の向上も手伝い、主力事業の拡大が続いています。リース資産のオンバランス化(IFRS会計基準移行)によるリース市場への影響を懸念して、株価は下落傾向にありますが、同社の顧客はもともとIFRS準拠のグローバル企業が多く、影響は軽微と考えられます。

アルファポリス(9467)は、2014年10月にマザーズ市場に上場しています。同社が運営するWEBサイトの「アルファポリス」に投稿された小説(中高校生や若者向けのライトノベル)や漫画などのコンテンツから、サイト内でのユーザー評価を参考に、人気のあるものを編集し、書籍や電子書籍として出版して収益化するビジネスモデルです。今期の業績はライトノベル、漫画でヒット作が生まれたことに加え、赤字のゲーム事業部門の切り離しで、急回復しています。

図1:ログリー(6579)・日足

図2:ジャパンインベストメントアドバイザー (7172)・日足

図3:アルファポリス(9467)・日足

  • ※図1、2、3ともに弊社チャートツール等を用いてSBI証券が作成。

3【新興市場Now】マザーズ指数は小幅下落

東証マザーズ指数の4/16(火)の終値は932.26と、4/9(火)の終値934.43から0.2%の小幅反落となりました。JASDAQ平均は0.3%の小幅上昇でした。日経平均は1.9%の上昇でしたから、マザーズ、JASDAQともパフォーマンスは劣位となりました。マザーズ市場の下落は、前週に大きく上昇した反動と思われます。

4/9(火)〜4/16(火)のマザーズ市場の個別銘柄では、時価総額が最大のメルカリ(4385)が2.1%の続伸となりましたが、ミクシィ(2121)やラクスル(4384)が下落とまちまちでした。前週、材料が出て大幅上昇のサンバイオ(4592)は小幅続伸となりました。一方、UUUM(3990)は決算発表で通期予想が据え置きとなったことから、失望売りで大幅下落となりました。逆に業績予想上方修正を発表したSHIFT(3697)は27.9%の大幅上昇となりました。

JASDAQ市場の主要銘柄では、これまで急上昇したハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)が5.0%の続伸と堅調。投資ファンドの大量保有報告書提出がきっかけと思われます。

※東証マザーズ指数について:東証マザーズ市場は近い将来東証1部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。マザーズ指数は、マザーズ市場に上場する全銘柄の時価総額加重平均型の指数です。ただし、一部の時価総額の大きい銘柄の影響度が大きい点に注意を要します。ちなみに3月末のマザーズ市場の時価総額に占めるメルカリのシェアは9.2%、ミクシィが5.1%、アンジェスが4.8%、などとなっています。

図4:東証マザーズ指数(日足)

図5:JASDAQ平均(日足)

  • ※図4、図5ともに当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

表2:主要株式指標の騰落率(4/9〜4/16)

指数

終値(4/16)

騰落率

日経平均株価

22,221.66

1.9%

東証マザーズ指数

932.26

-0.2%

JASDAQ平均株価

3,462.93

0.3%

表3:主要新興市場銘柄の騰落率(4/9〜4/16)

コード

銘柄

終値(4/16)

騰落率

マザーズ市場の時価総額上位銘柄

 

4385

メルカリ

3,420

2.1%

2121

ミクシィ

2,487

-3.4%

3993

PKSHA Technology

6,370

1.1%

4592

サンバイオ

3,310

2.0%

4384

ラクスル

3,720

-6.3%

JASDAQ市場の時価総額上位銘柄

 

2702

日本マクドナルドホールディングス

5,050

1.0%

7564

ワークマン

5,440

5.0%

6324

ハーモニック・ドライブ・システムズ

4,630

0.7%

2782

セリア

3,540

-4.7%

6425

ユニバーサルエンターテインメント

3,620

4.2%

直近上場銘柄・市場で話題の銘柄

 

3967

エルテス

1,545

-0.6%

7806

MTG

1,878

9.6%

6030

アドベンチャー

4,655

-3.5%

3697

SHIFT

5,840

27.9%

3990

UUUM

5,050

-12.6%

  • ※表2・表3はBloombergデータをもとにSBI証券が作成。騰落率は4/9(火)終値と4/16(火)終値の比較による。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 第39回 SBI債
  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.